Madam.Kayoのひとり言


by madamkayo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
少し遅れてしまいましたが、夏野菜の冬瓜の料理をご紹介させていただきます。
最近涼しくなってきましたが、未だ残暑が続くこのごろ。
疲れた胃腸に温かい一品を。
a0044166_024501.jpg

〔材料〕
冬瓜   1/4カットの物1個
鶏肉   200~300g(モモ肉がベター、ムネ肉・ササミでも可)
(だし汁・醤油・麺つゆ・砂糖・酒・片栗粉)

冬瓜は、種をとって、固い皮を剥いてしまえば、中身は柔らかくサクサクと切れます。
少し型崩れするので、ちょっと大きめに切った方が良いようです。
a0044166_0252178.jpg

少し深めの鍋に、7分目程に、だし汁(かつおダシ、または市販のダシの素を入れた物で充分)を入れ、水のうちから、切った冬瓜を入れて煮ていきます。
その後に、鶏肉を小さめにカットした物を入れて下さい。肉からもダシを取りたいので、温度が上がる前、一緒に入れても大丈夫です。
中火で、20~30分煮ます。冬瓜は、わりと早く柔らかくなります。
柔らかくなった頃に、味付けをしていきます。
調味料  ― 酒(少々)、麺つゆ(薄味に付ける程度)、醤油(ごく少量・色が付く程度)、砂糖(隠し味に小さじ1)。
a0044166_0255824.jpg

調味料を入れて3~5分さらに煮てから、味見をしてみて薄いようでしたら、ダシの素か、忙しい主婦の見方?・麺つゆを足して下さい。
スープのように、ダシはきいていながらも、全体的には薄めに味を付けて下さい。

煮えて味が調ったら、水溶き片栗粉で、トロミを付けましょう。
(水溶き片栗粉が入る分を計算して、少しだけ濃い目に味を付けておいて下さい)
おたまですくって流してみて、トロトロ・サラサラと流れる位の軽めにトロミを付けたら出来上がり♪
a0044166_0262469.jpg

簡単・早いで、忙しい主婦にはもってこいです♪
焼き魚などの献立の時に付けたすと、汁物or煮物の代わりにもなります。
我が家では、鍋のままテーブルに出して、それぞれ小鉢に好きにとって貰っています。
その方が、温かいままずっといただけます。冬瓜がトロトロと柔らかくてホッとします。
疲れた胃腸と身体に優しい、一品です。
[PR]
# by madamkayo | 2007-09-26 00:22 | 料理

あ、蛙?!

ご存知ですか?
お菓子のカールに、蛙の形や、カールおじさんが混じっている事を・・・(笑)

先日の休みの日に、大好きなカールを、おやつにボリボリとかじっておりました、ン?????形が変だわ!不良品かしら・・・?

こ・これは、噂の、10袋にひとつしか入っていないと言う、レア物、蛙のカールだわぁっっっーーー!!!
a0044166_2326103.jpg


何だか、得した気分~~♪
最近、くじ運も悪いから、モヤモヤ暑い休日が、ちょっと嬉しい気分に♪
一度、食べかけそうになった、カール蛙様をラップに包んで大切にテーブルに置いておきました。
帰宅した娘が、「これな~に?しかもラップしてるー!」と笑っていたので「食べちゃダメよ~」と言うと、珍しく家にいた息子が、もはや口の中にいれて、モグモグ!
「ギャー、食べちゃった」と私が息子の口元に行くと「食べてないよ~」と、ラップごと舌の上に出して、してやったりとちゃっかり笑顔。どっちが、子供か・・・。

カールと言えば、発売前、私が小学生低学の頃、とある公民館で試供品を何品か食べてアンケートを答えたのを覚えています。
10種類位あって、今定番のチーズやカレー味もあったと思うけれども、その頃甘い物よりおせんべい好きだった私は、「お醤油海苔味」を選んだのを覚えています。美味しかったのに、それは選ばれず、カレーとチーズが発売された時は、ちょっぴりがっかりしたっけ。
いつか幻の「お醤油海苔味」が発売されるのを、もうウン10年も待っているいちおばさんであります。
その前に皆様機会がありましたら、この幻のケロヨン?けろっぴ?かな、カール蛙君をゲットして小さな幸せ?を感じてくださいませ☆
[PR]
# by madamkayo | 2007-08-18 23:36 | 日記

慰問演奏

先日、老人ホームで、夏祭り・慰問演奏をして参りました。
こちらの老人ホームでは、わが社で、リフォーム工事など請負させていただいてお世話になっている所でもあります。
昨年は、専務とのふたりでの演奏でしたが、今回は「専務と愉快な仲間たち」のバンドとしての出演です。

演奏依頼があってからの1ヶ月前位から、メンバーの仕事の調整をつけつつ週に一度の練習をしてきました。最近、体力がなくなって来たので、私はヘロヘロ状態。。。
当日、30分~40分は演奏してほしいとの依頼でしたので、今までの曲から2曲新曲を急遽増やしました。

専務がまたまたいろいろ知ってる所から、なぜか「竹内まりや」の曲を選曲してきてくださいました。ライブバージョンのCDを貸して下さり、皆で研究。
ちょっと派手なロックテイストの曲て良いのですが、おかずの装飾音が難しくって、結局耳コピーが完璧に出来ずいどみました。私がその部分だけ何度も練習をしていると、専務が「そんなに完璧主義者じゃなくていいよ、抵当に」と助言して下さり少し気が楽になりました。

この日、仕事を早く切り上げ、ベースの子に会社から車に乗せて貰い現地入り。他のメンバーは仕事現場から直接向かってのハードスケジュール。専務は楽器レンタル会社から前日、ドラムとP80を、運送費節約とばかり自分の車で取りに行って来て下さり、早朝自分のアンプまで積んでの準備。専務が1番、リキが入ってます!
a0044166_22393281.jpg

私達の前の出番では、婦人会の盆踊りや、プロの演歌歌手のコーナーなどあって、盛り上がっておりました。
私達の番になり、蒸し暑かった空気が、風が強くなり雲が張り出し、今にも降り出しそうな雲行き。私は、借りたP80を濡らしたらどうしようと、そればかり気になって。

盆踊りの奥様達の間を縫うようにして、楽器のセッティング完了。
ここで、計算違いの出来事が・・・譜面台まで用意したのに、風が強くて譜面が置けないっ!
専務が「洗濯バサミ貸してあげようか?」と自分の譜面を押さえているのを指して言って下さったけれども、片方借りたら専務のも飛んでしまいそうな風の勢い。新曲も多分覚えているだろうと「大丈夫です!」と見切り発車。
a0044166_22401383.jpg

いつもの「ロングアンドワイディングロード」と「レットイットビー」から演奏。専務は落ち着いて歌い始める。野外のバンドがものめずらしいのか、おじいちゃんおばあちゃん、引率の方々が、思った以上に静かに真剣に聴いて下さる。
「ダイアナ」の時は、前方の芝生に座っていた、さっきまで盆踊りを踊っていたご婦人達が、浴衣のままリズムをとって、大のり♪
そして、いつもの愉快なメンバー紹介。ここで笑いが起こるはず・・・と思いながら、マイクに向かうが、おじいちゃん・おばあちゃんは、目を白黒しながら見入って聞いている様子。

そして、いよいよ、新曲の竹内まりやの「アンフィシアターの夜」の演奏。
私は、足元でハンドバックを重しにした譜面の出だしの音だけチェックして弾き始める。
風でピラピラして良く見えない・・・
あれ?勢い良く弾いたわいいけれども、皆と音が違うぞぉ~?!専務とベースの子、音合わせたのかな~・・・?って、ワ~~っ!!あたいがコード間違ってる~!
2週間前位に専務が歌いづらいとの事で、3度下げたのに、下げる前の原曲コードで弾いてしまった。。。前奏がメタメタ。立て直すのに、私、必死(泣)
途中から、何とかなったかな・・・?やっぱり、新曲は恐いわ~。時間かけて練習しないと。
a0044166_2240363.jpg

最後に、ドラムの若い子の提案で、坂本九の「上を向いて歩こう」を演奏。歌はドラムの子。
やっぱり、スタンダードな曲がうけますね。私もやっとこの時、余裕が出て来て、回りを見渡すと、おじいちゃんもおばあちゃんも、引率の人や世話係の人、婦人会の人が、口づさんだり、手拍子をとったり、肩をゆらしたりで、笑顔でこちらを見ていて、温かい温かい。あ~、これが演奏する者の喜びなのかもしれないな~。
終わった後も、ドラムとベースの子が「お客さんが温かかったですね~」と嬉しそうだった。
メンバーの皆も優しいので、自分から「また私やっちゃいました」と謝ったけれども、何も攻めないのがまた自分としては心痛くて。

専務は「今日中に、楽器を納めないといけないんだ」とばかり、積んで車に乗ってひとりで返却に行って下さった。持病の腰痛がお辛そう。
残った3人は、出店の焼きそばや焼き鳥を食べて、お疲れ会。

さ~て、「専務と愉快な仲間達」の、『○○の郷~○○リハビリセンターまで』の、ワールドツアー?の始まりです!?
[PR]
# by madamkayo | 2007-08-14 22:41 | バンド活動

夏祭り

7月22日、主人の実家がある「椎津」の夏祭りがありました。
この辺の祭りは、元・海の町だけあって、浜の男達の威勢のいい祭りです。

娘が久しぶりにお囃子に出ると言うので、私は会社を早退して急いでデジカメ持って現地入り。
a0044166_0465399.jpg

あ、来た来た!「トントコトン!カンカラカンカラ♪」と、お囃子の音が聞こえてきたワ。
トラックに引っ張られてお囃子が、その後ろに「わっしょい・わっしょい」と神輿が、ゆっくりと旧道に沿って近づいて来る。
主人の実家は神社に近いので、1日かけて練り歩いていた神輿とお囃子が、最後のルートである旧道を、神社めがけてゆっくりと進んで行く、1番いい場面が見られる。

a0044166_0471529.jpg

あ、あれは娘かしら?小さい頃はよく出ていたけれども、今回は本当に久しぶり。
幼なじみの友達から「二十歳の記念に出ようよ!最後になるかもしれないし」と急に提案されたそう。娘も最初は恥ずかしいし、どうしようかと思っていたらしいけれども。。。数日前に参加する事に決めて、慌ててサラシや足袋を買ったりで大変だったみたい。母は忙しくて、何もできなかったけれども。髪も自分でアップして、サラシを巻いてかっこいいではないか!・・・また、親バカです。
a0044166_0475550.jpg


恒例、子供達による可愛い「ひゃっとこ」の踊りもお囃子に合わせて始まった。
ひょっとこの時のお囃子は、スローテンポに変わって「(ン)・トコ・ト・・コ」と言う小さい太古の音で始まって、ひょっとこがコミカルな動き易いリズムになる。
行進している時のアップテンポと、2パターンあるようだ。
a0044166_0482810.jpg

先頭で元気よく踊っている男の子は親戚の子。なかなか上手ではないか。
滑稽に面白・可笑しく踊るのが、この踊りの特徴。昔、息子も踊ったっけ。

a0044166_0485177.jpg

娘は鉦の役。左手にお皿のような金を持って、右手の木琴を叩くような先に何か付いている棒で、淵の間を行ったり来たりさせて「チンチロ・チンチロ」と音を出している。太鼓と笛に合わせて、ケイキを付けて行き、面白そう。

a0044166_0491021.jpg

クライマックスは、威勢のいい浜の男達の、重たい神輿を落としたら恥とばかりに、怒号に似た声と共に、揉むように神輿が担がれ、神社の鳥居に入れられて行く。人ごみと梅雨の影響で蒸し暑いけれども、見物客は鳥居に入れるまでは動こうとしない。私の横に年老いたおばあさんがいたけれども、子供に支えられて、その瞬間を見ようと一生懸命立っていたのが、印象的だった。
a0044166_049373.jpg

1日叩いていたので、私が着いた頃は、もう疲労のピークだったらしく、手は痛いワ、疲れてるワで笑顔もなかなか出なかった娘。

お疲れ様!でも、二十歳のいい記念になったね^^
[PR]
# by madamkayo | 2007-07-23 00:50 | 日記
暑い日が続きますね~
こんな日は、元気が出るような沖縄料理、ゴーヤチャンプルなんていかがですか?
ゴーヤが、思ったより扱い易くて、忙しい奥様にぴったり!?

a0044166_2238182.jpg

*材料*
ゴーヤ      1本
木綿豆腐    1丁
豚肉      300~400g位
椎茸など   5~6枚(なくてもOK)
卵       2~3個
塩・胡椒・だしの素・麺つゆ・かつお節

まず、ゴーヤは、半分に切って中の種をスプーンでくり抜きます。
ゴーヤは、思ったより柔らかく、包丁でサクサクと簡単に切れます。
急いでいる時は、キャベツなど切るより早いかも。

アクと苦味を抜く為に、スライスしたゴーヤを塩でもんで、水にさらしておきます。
苦味が大丈夫な人は、さらしておく時間は短時間でも大丈夫かも。私は、栄養が出てしまう気がして、ほんの3~4分しかさらしていません。だから、ちょっと苦い(笑)
お豆腐は軽く、水を切っておきましょう。
a0044166_22403212.jpg

中華鍋にサラダ油を少々敷いて、先に豚肉のスライスを強火で炒めます。
この時、塩コショウをふっておきます。
次に、豆腐も一緒に炒めます。
豆腐を軽く両面火を通したら、水を切ったゴーヤを入れて炒めます。
a0044166_2241283.jpg

ゴーヤに火が通るように、中火で。この時、だしの素を少々ふります。
半ば火が通ってきたら、麺つゆを入れます。
豆腐が余り崩れないように、そっと返して炒めていきます。
初め、ゴーヤが慣れない人は、炒め煮するようによく火を通した方がいいかも。
わが家は、苦味が慣れて来たので、シャリシャリ感を楽しんでいます。

最後に卵2個位を軽く割りほぐして、軽く絡めます。
卵が入ると、マイルドになって美味しくなります。
お好みで胡椒と、かつお節をふって下さい。
a0044166_22413072.jpg

15分位で出来てしまうので、ゴーヤさえ手に入れば、簡単!
肉は、ランチョンミート(スパム)でも鶏肉でもいいと思いますよ。
ゴーヤも150~198円位で手に入ると思います。

栄養満点の料理で、暑い夏を乗り越えましょう!
[PR]
# by madamkayo | 2007-07-15 22:42 | 料理

ささやかな・・・

昨日は、40・・・ン歳の、私めの誕生日でございました。
この歳になると、誕生日が微妙にめでたくなくなってきますね~(泣)
でも、時々自分が何歳だったか忘れてしまう、今日この頃・・・
主人の歳とごっちゃになってしまって・・・健忘症がもうここまできたか・・・深刻だ。

仕事仕事と、とうとうオヤジ化した頭と顔に化粧だけ塗ったくって装っている、お局経理おばちゃんは、何が幸せだかわからなくなって来た今日この頃。。。
とりあえず今は、何がほしいって、何もいらない・・・
・・・休息がほしい・・・やっぱりオヤジ化しているワ。
・・・と言うわけで、自分のご褒美と言う感じで、公休をこの日にとらせていただく事にしました~!めでたし・めでたし^^

日曜日に休むっていいわね~なんだか、心身ともに休める。
と思ったのもつかの間、そうだわ、この日は主人がいる。
いつもの休日のように、寝ながら洗濯物を干す・・・なんて技が使えないわ。。。とダラダラやっていたら、主人が日曜日は、(おもにおっとと書いて)「主夫」をやる習慣が付いているらしく、せっせと洗濯物を干し始め。。。
そんな横で私何もしないわけにいかないので、日ごろからたまった片付けをする事に。
でも、昨日の長い会議の疲れが残っていたのか、またゴロンと私、時々寝てしまう。
主人は、今度は手際良くお皿を洗い始める。完全に、日曜・主夫化しているようだ。
いかん、片付けねば。。。モゾモゾ・ごそごそ。

・・・と、何とか最低限片付けて、夕方になり、ふたりでお風呂に行く事に♪
最近、ジムでガツガツ運動すると、かえって疲れてしまう事があるので、ジムのジャグジー風呂だけ入るのが、1週間に1度の私の日課になってたりしている。

この日は、市原市のゴミ処理場の熱利用している「憩いの家」と言う所の、大きなお風呂に入りに2人で行った。
気持ちよかったな~!
疲れがふっとんだ感じ。風呂が1番だよ!・・・って、やっぱり、オヤジ化しているのかっ。。。

夕飯はラーメンでいいよ、と言ってあったのに、近くの居酒屋に予約を娘が主人に頼まれて取っておいてくれたらしい。
a0044166_1292336.jpg

そこは、娘もバイトしていた所でもあって顔がきく。未だ子供達の仕事が終わってないので、先に始めている事に。私は娘を車で迎えに行くので、最初はウーロン茶で我慢。
好きな物をとっていいよと言ってくれたので「クジラの竜田揚げ」を注文。
私達の年代は、なぜかクジラが食べたくなるような気が。給食だの、これで育ったからね~
なんて、話をして。まるで、オヤジ同士の会話だわ。

この日の話題はなぜか子供達が小さかった時の事が思い出されて。
娘が2~3歳頃、八千代台の○アエルムで、アイスクリームが食べたいと泣いていたけれども、忙しいからほぉっておいたら、見ず知らずの人が買ってくれて、ピタッと泣き止んだ事とか。

どうしてもデパートの買物途中で見つからない息子を、迷子のアナウンスで呼んで貰ったら、オモチャ屋さんで、オモチャの箱を平気で開けている子がいると思ったら、息子だったとか。
昔の事ばかり思い出すって、歳なのかしらね~
a0044166_1173294.jpg

と言うわけで、ここのお店の名物「モンキー」と言うパフェに、特大サイズでないと付けない花火を特別に付けて貰って、私、若い娘のようにはしゃいで幕となりました。少し、オヤジ化が薄らいだかな?もちろん、これは食べきれないので、3人でたいらげました。

息子は、結局、仕事が終わらなくて来られなかったのが、寂しかったな。
何もいらないから、一緒に食事をしたかった。。。息子も、ゴメンと涙マークのメールを送ってきました。

でも、いい誕生日でした。歳をとっても、誕生日はいいものかもしれないと思える自分は幸せ者です。
さぁ~、明日から、またオヤジ?に戻って、バリバリ働くぞぉ~!
[PR]
# by madamkayo | 2007-07-09 01:16 | 日記

久しぶりの映画

先日、会社の休日の日に、映画「眉山」を観て来ました。
地元の親友、タマちゃんと。通称タマちゃんは、前の会社で共に働いていた戦友?で、私より何歳も若いのに、いつも力強いアドバイスをくれる人です。今では会社は違う所にお互いなったけれども、定例会と称しては、1~2ヶ月に一度は、ファミレスでランチをしながら、たわいのない事をおしゃべりして元気を貰う、なくてはならない親友のひとりです。
その定例会?の後、木更津のとある映画館に、タマちゃんの提案で行く事に。
a0044166_0564761.jpg
なんとも趣がある映画館ですが、なんと水曜日は「レディース・デイ」で、大人1,000円で観られます。女で良かった~!?

昨年は、宮崎駿監督の「ハウル」を観て、キムタクの声が、広い映画館で聴くと何とも色っぽくて、ふたりで一瞬ハウルに惚れて帰ったっけ(笑)



さて、今回は「眉山」
どちらかと言うと、女性に観ていただきたい作品かもしれません。

ひとりの男性を会えなくても心底ずっと愛していく生きざま、力強く凛とした母の姿勢、母も女性だったと認めていく娘の心の動き、そして娘もひとりの女性として人間として成長して行く様子など、考えさせられる作品でした。
a0044166_1202675.jpg

徳島と言う舞台も素晴らしく、阿波踊りのエキストラ14,200人の大規模な演舞場も、この作品の秘めたる情念を思わせてくれます。またバックにいつも映し出される眉山の山の風景が、ひとりの人を愛し貫いた強さ、また娘を愛する母の雄大さとオーバーラップして、終わった後も静かに感動が残り火のように心を温めていきました。
a0044166_059195.jpg

松島奈々子も子供を産んだ後と思えないほどのういういしい感じがしましたし、何よりも宮本信子の演技が凛として、マルサの女など一世を風靡した女優の風格を見せつけられました。

最初観ている時は、自分の歳を忘れ、ずうずうしくも娘のような気持ちで、父を亡くした時の母の気持ちなど思い出していましたが、最後の方になると、今度は自分が母親になり、娘にちゃんと何かを私は残せるだろうか・・・などと、自問自答したりして感慨深くなったりしました。


家に帰って、主人に話すと「未だあの映画館あるの?」と言われました。
主人が高校生の頃は、木更津が遊び場だったそう。
この辺は、「木更津キャッツアイ」の舞台になる所で、東京からわざわざいらっしゃって、この趣がある映画館に来る方もいるとか。
最近、ちょっと寂れてきちゃった木更津ですが、もしこちらにいらした時は、この映画館にお寄り下さいませ^^
[PR]
# by madamkayo | 2007-07-06 00:59 | 日記

ヴィッツがやって来た

私にとっての憧れ?のヴィッツが届きました。
前の車が車検の期日が迫っていて、どうした物かと思っていましがた、ポンコツで直す所ばかり。
それで、主人の同級生の知り合いがいる中古車センターへ。
だいたい払えるローンの金額と、かねてからこの手の車がほしい事を伝え、そのお店ではあいにくなかったので、見つけて近日中に落としますと約束をしてくれました。
a0044166_215135.jpg

「他の希望は?」と聞かれ、「色はシルバー系の中間色、ナビはいらないからCDを付けて下さい」とお願い。
車の事は、ぜ~んぜん分からない私。走行距離もエンジンの事もさっぱりわからず、あとはお任せ。
ひとつ競っている競合があったとかで、2~3日かかったけれども、競り勝って落として下さいました。ありがとうございますー!

そして、私が仕事中だったので、会社まで、届けてくださる。
さっそく、仕事で銀行まで乗り、会社に着いて、事務所の庭で、携帯でパチリ!
雨に濡れる携帯をスカートの腰の所で拭き拭き夢中でヴィッツの写真を撮っている・・・と、なんと事務所の1階から、ガン見の2人?
大きなスルーの窓越しから、御曹司様の部長と、若手営業マンの子がニタニタと見ているではないかっ!
「○○さん、何してるんですか~!?」と若手営業マン君が事務所から傘をさしてながらやって来た。続いて御曹司様も。それに工務課の先日ドラムをやってくれた子も見に来た。
a0044166_2252568.jpg

「すごいじゃないですかー!」と、ヴィッツの回りをグルグル3人が回りながら「おっ、CDが付いてるんですか?」「あっ、表示はデジタルなんですか?」と、私より遥かに高級車に乗っているにもかかわらず、そんな事をおっしゃる。キャハ!
でも、嬉し・恥ずかし、ヴィッツかな?車が来て、こんなに嬉しいと思ったのは初めて!
だって、ずっと欲しかったのだもの。またまたローンレンジャー・バージョンアップだけれども、この新恋人?の為にも頑張って働かなければっ!


引き換えに、以前乗っていた、マーチ君に、店員さんに乗って行ってもらった。
a0044166_2232065.jpg

こちらは、廃車。今まで、形が気に入っていなかったので、余り大切にしていなかったけれども、いざお別れとなると、何だか寂しくもあり、可愛そうになった。
この車には、いろんな思い出が詰まっているような気がする。
そんな思い出と共に、「さようなら」・・・

さまざまなイヤな事もリセットして、新たな出発が出来るような気がした。
車って、走ればいいと思っていたけれども、ひとりだけになる事が多い空間。いろんな意味で大切なんだね。
安全運転で、大切にして行こうと思います!
[PR]
# by madamkayo | 2007-05-27 02:17 | 日記
先日、会社の20周年パーティーで、メイ・イベントとして演奏しました。
「専務と愉快な仲間達」のバンドは、2月のライブ以来2回目。

昨年のパーティーは本社移転オープンも兼ねての盛大なものでしたが、今回は登記上の本当の20
周年を内輪でお祝いしましょう!と言う趣旨で、社員とその家族、そして一部の業者さんとで約80名位のもと開かれました。
a0044166_23515438.jpg

その日の仕事を早めに切り上げて、ホテルに入り15時からリハーサル。
パーティー開演は、18時半から。ぎりぎりの18時15分までリハーサル。

いよいよパーティーが始まり、ご挨拶や紹介が終わってから、19時から演奏。
う~、緊張する~!

《ロング・アンド・ワイディング・ロード》
演奏が始まると、業者さんの方から拍手がおこる。
うん、いい感じと思いきや、写真を撮っている人に気をとられ、私とちる。
1番、このバンドで出来が良かった曲なのにごめんね~

《レットイットビー》
これは、4人とも落ち着いて出来ましたね。
特に、ベースの子が2月より数段上手になりましたネ♪やはり努力の人です。
専務の間奏のギターも冴えわたりました。私も思いっきりバッキング。

《TSUNAMI》
専務の歌声とともに始まる。4人とも落ち着いてましたね~2月のライブが無駄になっていませんね。最後の歌のタメの所もばっちり。

~メンバー紹介~
2月のライブの時と同じ構成で、お披露目。これはいつもうけますね~^^

a0044166_23525511.jpg

《Story》
「わが社の歌姫に歌っていただきます」と私が紹介して、歌姫、ステージへ。
カラオケの時のように、落ち着いて歌いたいとの事で、座って熱唱!
前奏から気持ちを込めて弾き、専務もエレアコでバッキング。
歌姫は朗々とゆっくりと私達を逆にリードしてくれ、歌い終わると拍手がおこる。
後で聞いたら、本人はめっちゃ緊張していたと言っていたけれども。
a0044166_23535092.jpg

《蕾》
親子・初共演!実現!
専務が息子さんもどうだ?と言って下さったのがきっかけに。
1ヶ月前にあわてて選曲し、練習したものだから、出来としてはガタガタでした。
歌も思った以上に難しくて、若い営業マンにドラムの子も手伝ってくれて。。。ありがとうね!
息子は自分のギターを持って来て、演奏に集中。本当は歌もハモルはずだったのだけども、会社の集まりだからと遠慮ぎみ。
でも、息子と演奏できるなんて嬉しかったな~
a0044166_23541629.jpg

《ダイアナ》
ここで、元気な営業課長が登場。Tシャツと矢沢永ちゃんのように赤いタオルを巻いて登場!
「元気ですかー!1・2・3・ダーっ!!」となぜか猪木で皆を活気づける。
私もここで初めて緊張がほぐれて、ピアノの前で大笑い。
専務と課長で歌いあげ、会場が明るい雰囲気に。

《ファンキーモンキーベイビー》
盛り上がりましたー!ドラムの子がやっと思い切り叩けるとばかり、炸裂。
彼は、大学の時から現役で演奏しているから、安定していますねー!
業者の材木屋のおじさんから、社長と社長婦人まで、ステージのそばに来て、踊りだす!
この曲は、3日前の練習の時もまだ未完成で、私もやっとの事コードを覚えたり、専務もその時に間奏の所をコピーしたりとギリギリだったのに、1番の出来だったかも♪
やはり、こう言うスタンダードな曲がうけるのかもしれませんね。
a0044166_235453100.jpg

《ワンダフル・トゥナイト》
クラプトンの曲で、しっとりとしめます。専務が大好きな曲。
専務の曲紹介もムーディーな感じで素敵でした。この詩のように、パーティーに行くのに準備している女性を待っている男性の気持ちを上手に表現。
専務が持って来てくださったシンセでバッキング。音もリハの時にギリギリに決めたけれども、いい音が出たと思います。でもまったり感の曲は、難しい~

・・・と言う事で、40分余りの演奏は無事終わりました。
自分自身の出来はいまいちだったけれども、「専務と愉快な仲間達」は2月のライブからの短期間で、かなり進歩したと思います。いろいろなジャンルの曲もできるようになって来たし。
これで、活動は少し休止になるかな?でも、いつでもお声がかかれば演奏できるメンバーだと思います。
a0044166_23555553.jpg

・・・でも、あ~、疲れた・・・翌日からも、GWは休みなしの仕事でーす!(泣)
[PR]
# by madamkayo | 2007-05-04 23:58 | バンド活動

ライブ裏話

なかなかブログが更新できず、すみません。
なんだか忙しい日々が続いております。
昨日、仕事が休みでしたが、ピアノに気がついたら、4~5時間位向かっていました。
主婦が主婦業もままならず一心不乱にピアノを弾く姿は、ノダメのその後?みたいで、決して美しい物ではないかもしれません。
と、こんなに必死になっているのは、もうすぐ会社のパーティーでの演奏を控えている為。
やるからには、ちゃんと演奏しなくては・・・


そんな今日この頃ですがここで、いままでのライブの裏話もご紹介。

2月での「専務と愉快な仲間達」でのライブでは、本当は専務の小さいシンセを使う予定でした。それが、このシンセです。これがなかなかボイスの良い音が出て、専務が歌いながら弾いて、Let it be.で使う予定でした。リハでは出ていた音がなぜか本番では残念ながら出ませんでした。せっかく専務が夜なべして、裏の台に取り付ける穴を空けたりしたのに。。。
奥さんが電動ドライバーの音にびっくりして「夜中にあなた何をしているの?」と言ったそう(笑)さすが建設会社の工務部です!?
a0044166_118114.jpg
a0044166_1182818.jpg











さて、機械音痴のわがB-Doolsの鍵盤隊。ハリ村教授からいただいたマニアルを元に、satomiちゃんと私はあーだコーダとスイッチを確認。これは、ライブ前の物。曲順に合わせて、ワンタッチで音が出るように、セッティング。
そして、ライブ後も先日また花島公民館で、今度はハリ村君にお借りしたシンセ・M1の研究?もしました。・・が、カセットを入れて、やっと音が出せるようになった所。機械音痴のハードルはいくつかありそうです。でも、ライブまでには頑張って習得しようと思います。
a0044166_1203167.jpg




そして、会社のパーティーでの新曲の中で、『コブクロ』の「蕾」を演奏します。TVドラマの「東京タワー」の主題歌だった曲と言うとおわかりになる方も多いでしょうか?
a0044166_122412.jpg

会社の営業の方に歌をお願いしているのですが、アコギを私の息子が弾いてお手伝いする事になりました。『親子・初競演』でございます~!
先日、家で一緒に練習したら、ちょっぴり母として幸せな気分になりました。
うまくできますよーに♪(ドキドキ・ワクワク)
[PR]
# by madamkayo | 2007-04-27 01:23 | ひとりごと