Madam.Kayoのひとり言


by madamkayo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

瑞庵 ライブ 2008

11月8日、新装Openの瑞庵Ⅱにて、B-Dollsのライブを行いました。

a0044166_102054.jpgまず、MoonDogsの方達の演奏です。
今回、応援で来て下さいました。
演奏は、流石でございました。
さいちゃんは、掛け持ち出演です。








a0044166_10405.jpg篝音の皆さん。
やはり綺麗な声で歌う女性は美しい~
選曲も良かったです。
MoonDogsの皆さんがバック演奏でした。
マキさんのピアノが光りました。











そして、私達、B-Dollsの演奏です。
a0044166_132075.jpg

演奏曲
Lady Madonna
このナンバーからスタート!
さいじリーダーが曲の合間にMCを入れてくれ、会場が和やかな雰囲気に。
a0044166_142259.jpg

Ob-La-Di, Ob-La-Da
2曲続けて-ギター:ハリ村君、ベース:さいちゃん、ドラム:インゴ☆君、
シンセ:satomiちゃん、ピアノ:kayoko
a0044166_162218.jpg

Let It Be
ここで、ピアノはsatomiちゃんにチェンジです。

Cry Baby Cry
ビートナイトの美人ドラマーのリンゴさんからのリクエスト曲。
Satomiちゃんのピアノが朗々と響き、インゴ☆君のタンバリンも使ったドラミングがピリリと効いています。
私もシンセのいくつかの効果音でなるべく原曲に近くと試みました。
さいちゃんがポールのように歌い、エンディングはマイクから遠くなって行く?演出も♪



a0044166_120531.jpgRevolution
さいちゃん、ダブルネックのギターに持ち替えです。
ハリ村君の迫力あるリードギターで始まり、Satomiちゃんが間奏の早弾きを弾くと、聴いていたイギリス出身のお客様が大喜び♪
その方は、若い時キャバーンクラブで本物のビートルズを見た事があるそう。
私は、シンセでベース音を。ベース音も弾いていてとても楽しかったです。



Sgt. Pepper's Lonely Hearts Club Band
リードギター:ハリ村君、サイドギター:さいちゃん、ドラム:インゴ☆君、
シンセ・ブラス音&効果音:satomiちゃん、シンセ・ベース音&効果音:kayoko
a0044166_1214363.jpg

With A Little Help From My Friends
ドラムのインゴ☆君が、リンゴのように・・・いえっ、それ以上に?上手に歌いました。
a0044166_124710.jpg

a0044166_1254498.jpgLucy In The Sky With Diamonds
Satomiちゃんのシンセの音が原曲にかなり近いです。
私も、ハープシコードとオルガンの音で。
ギターとドラムも、コピーに忠実に。

サージャントのアルバムの3曲を続けて演奏しました。







a0044166_1275910.jpg
Imagine
ジョンのソロの曲と言う事で、SatomiちゃんがMC。
ジョンへの熱い思いが鍵盤から響きます。


a0044166_1324671.jpg

Band On The Run
ポールのソロの曲と言う事で、私がMC。
ダブル・キーと今回のダブルネック・ギターを生かした曲と紹介させていただきました。
さいちゃんの声がドラマティックな曲の展開に合わせて、ポールのように色を変えて響きます。
ハリ村君のギターがまたまたそっくり。インゴ☆君のドラムも実はブレイクなど難しい物でした。

a0044166_1345150.jpg

Here Comes The Sun
インゴ☆君のMC。この日も見に来てくれていた同級生の圭ジョン君とおかず君に思い出話と共に敬意を称し、ギターのハリ村君が高校生の頃からこの曲を完成させていたと紹介。感慨深く印象深い物でした。
この曲は、聴いていると優雅ですが、演奏してみると、ギターはもちろんドラムもシンセもベースもせわしなく、コーラスも何度も練習を必要とする難解な曲でした。
でも、本番はうまくいってくれたかな?
a0044166_1363092.jpg

Golden Slumbers
Carry That Weight
The End

アンコール:Oh! Darling
後ろのインゴ☆君が「おもいっきり行こうな!」と声をかけてくれる。
a0044166_1415039.jpg

さいちゃんが歌ってから、アンコールのアンコール?です!!
a0044166_143065.jpg

圭ジョン君おかず君が、熱唱してくれました!
a0044166_1445023.jpg

お客様も大喜び♪
盛り上げてくれて、ありがとう!

そして、おかず君が用意してくれた、薔薇の花。
永遠の心の恋人、おかず君と圭ジョン君から、ダブルーキー奏者にプレゼントです。
a0044166_148146.jpg

いつも応援してくれて、ありがとう!


そして、ちょっと物足りなそうなお客様達に、MDさん+ビートナイトの大将さん達が、ビートルズな夜をプレゼントして下さりました。何でも弾けちゃうのって、やっぱり凄いなぁ~

この夜は、しあわせな楽しいひとときでした。
お忙しい中、お越しいただいた方達、出演して下さった方達、ありがとうございました。
9月の音楽野郎選手権を見て、こちらにも来て下った方もいらっしゃいました。ありがとうございました。
次回B-Dollsは、もう少し曲数を増やして、もっと難解な曲にもどんどん挑戦したいと思っています!
ありがとうございました☆

a0044166_2618100.jpga0044166_283627.jpg









(写真協力提供:景ちゃん・さいちゃん・瑞庵Ⅱ)
(写真撮影協力:圭ジョン君・おかず君・淀ねぇさん)
ありがとうございました。
[PR]
# by madamkayo | 2008-11-13 01:40 | バンド活動

ライブのお知らせ

お待たせいたしました!
THE B-DOLLSのライブが今週末あります♪

日時:2008年11月8日(土)   
開場19:00 開演19:30
   THE B-DOLLSの演奏は20:30頃~の予定です。

場所:瑞庵Ⅱ
    ※新店舗ですので、お間違えのないようにお願い致します。

入場料:1000円ワンドリンク付き

   他のゲスト出演もありますので、お楽しみに^^

瑞庵Ⅱ:場所地図はこちらです☆
住所 千葉県 千葉市中央区 新千葉2-5-14 ニュー芳野ビルB1
電話番号 043-225-0810
瑞庵ⅡHP(電車ご利用の方は、こちらの「あくせす」をご覧下さい)
a0044166_104957.jpg

[PR]
# by madamkayo | 2008-11-03 00:03 | バンド活動

ナイト・クルージング

先日、会社の慰安旅行として、ヨットでの東京湾・クルージングに行って来ました。
ナイト・クルージングなんて、初めての経験。
この日は、1日社員研修を終え、17時に本社にバスがお出迎え。
社員一同乗り込み、高速を通って1時間弱位で品川埠頭に到着。
東京のゴチャゴチャした街並みから、急にそれとは違う世界が現れたような感じでした。
大きな川のようなその海の入り口は、背にしている都会の風景とは全く違う穏やかな水の流れがあったのでした。
a0044166_0191143.jpg

「あ、あれが私達が乗り込むヨットね!」バスを降りると、すぐにヨットの姿が見えました。
久しぶりのワクワク感。
a0044166_020480.jpg

少々の待ち時間の間のひとこまをパチリ。
a0044166_021542.jpg

ヨットに乗り込む架け橋も、ライティングされていてとても素敵でリッチな時間を予感させてくれます。

借りていた一室の席に着くと、ヨットが少しづつ動き出しました。
この日は海も穏やかで、揺れは少なかったけれども、ちょっと変な気持ち。

シャンパンで乾杯して、ディナーの始まり。
料理を作るたびに運んできてくれるので、冷たい物も温かい物も、美味しくいただけました。
夢中でいただいていたので、写真をとるのを忘れていたので、この一枚をパチリ。
a0044166_0215857.jpg

これは、中盤のメニュー。右のホタテのベーコン巻きグリルが美味でした。海の幸の前菜も海老がプリプリ、ポタージュのスープも濃厚でグッドでした。この後、牛肉の煮込みや、フィレステーキ、最後にプチケーキのデザートと、大満足。

お腹もいっぱいになったので、デッキに出て、皆で写真撮影大会。
a0044166_0225148.jpg

私は、夜の風景をデジカメで撮る勉強をしてこなかったので、どうも上手に撮れず。
みんなも、携帯でやはり思うように綺麗な夜景が撮れず、残念。
a0044166_0234041.jpg

お台場もこんな感じに見えました。実際はもっと綺麗だったけれども。
羽田空港から、合間がほとんどなく飛行機が飛んで行くのを間近で見られて、ニアミスがないことに感動したりして。
a0044166_024988.jpg

レインボーブリッジの下を通るのも、あきもせずずっと見ていました。
東京タワーも見えたりしましたが、いずれもデジカメでぶれてしまって。
東京湾からの夜景って、世界の中でも綺麗なんだそう。
私は、この日はお酒を飲みませんでしたが、程よい気温と、穏やかな風と波の音で、本当に癒され、デッキでは会社の仲のいい人達と楽しい時間を過ごしました。
a0044166_0245422.jpg

正味2時間半位の時間が、あっと言う間に過ぎてしまいました。
いつも仕事に追われる日々でしたが、こんな素敵なクルージングに連れて行ってくれた会社に感謝感謝です。ありがとうございました。

クリスタルヨットクラブ
[PR]
# by madamkayo | 2008-10-27 00:25 | 日記
H.20.9月23日 
千葉音楽野郎選手権の出演、無事終えました。
場所は、昨年出来たばかりの、千葉市美浜文化ホール。
演奏場所のメインホールは、354名の席があるプレセニアム形式の大きなホールです。
舞台が高いのではなくて、客席から舞台を見下ろすような形式の近代的なホールでした。

朝9時から、リハーサル。音出しチェックなど、会館のプロの方が見て下さいました。
間に合わないといけないので、前日仕事終わりに実家に直行。久しぶりに実家にお泊り。
リハ後、一度実家に戻り、母の送り迎えは弟に頼み、12時頃いざ会場入り。

a0044166_1550410.jpg息子が、見に来てくれていました。
ポスターの前で、思わず母はパチリ!
a0044166_1632337.jpg







こちらのポスター、とてもよく出来ていて、メンバーは感激物でした。ドラムのインゴ君が、審査の為に撮ってくれた写真。ポスターでは、とてもいい位置にありました。

今回の選手権は、Bayfm78主催のもので、出演バンドは、全部で15組。
高校生バンドから、今まさに売り出そうとしている若者バンドばかり。
デビューはできないオヤジバンド?だけれども 、演奏では負けませんよ~!
a0044166_1628426.jpg楽屋は、女性の部屋も分かれて用意されていて、わぁ~芸能人みたい~♪と鍵盤隊は、いつになくお化粧が念入りになってしまいました。

演奏は、14:45~15:00
時間は15分間と決められていたので、選曲はメンバーの全員で意見を率直にぶつけあい、B-Dollsの得意なナンバーで出る事に決めました。
a0044166_15564654.jpg

舞台のスクリーンには、ポスターと同じ写真が映し出され、バンド紹介の文字も映し出されていました。
感激です!

Lady Madonna
前奏が私のピアノで、ちょっと緊張。リハでは少し早かったので、ともかくテンポに気を付けつつ、思いっきり元気良くでました。前奏が終わってしまえば、メンバーの歌と演奏が始まるので、安心してリズムにのれました。
a0044166_1603862.jpg

LET lT BE
これは、誰もが知っているスタンダート・ナンバーだけに、相方のsatomiちゃんがとっても苦労しましたが、メロディアスに丁寧に弾きあげました。ボーカルのさいちゃんも流石オハコの曲、堂々と歌いあげ、さっきまでハードロックで盛り上がっていたホール内が、癒されるような静寂な空気になりました。
a0044166_16113588.jpg

GOLDEN SLUMBERS~CARRY THAT WEIGHT~THE END
ビートルズファンだったら、おっ?これをやるの?!と思ってくれるはずのメドレー。
a0044166_1673293.jpg

こう言う大きなホールでは、ドラムのパーツひとつひとつの音を拾ってくれる設備が整っているので、演奏者としてはたまらなく快感だ!とインゴ君が言うとおり、彼のドラムソロはいつも以上に迫力満点で圧巻でした!
a0044166_168696.jpg

ハリ村君のギターソロも、完成度を増して、若いバンドの子達のお手本になったのではないのかしら。
・・・とまたもや、自分のバンドを自画自賛。
曲の最後を飾るハモリのコーラスも響きわたり、今回はピアノから中央の少し高くなったドラムが前方に見えたので、それに合わせながら無事演奏終了。
あっと言う間の15分でした。
a0044166_16171183.jpg

あがり性の私ですが、今回は落ち着いて弾く事が出来て、楽しい15分間でした。
メンバーの男性陣は、こう言う大きな舞台は何度か経験していたので、鍵盤隊は安心して出場する事が出来ました。
a0044166_1615468.jpg

また、メンバーの家族・友達・会社の方々など、沢山応援に駆けつけて下さいました。
この場をお借りして、お礼申し上げます。ありがとうございました。

こちら、ビートナイトのリンゴさんが撮って下さった動画です。(動画をクリックして下さい)
お楽しみください。You tubeデビューでもあります!
リンゴさん、ありがとうございます!^^
[PR]
# by madamkayo | 2008-09-24 16:13 | バンド活動

千葉音楽野郎選手権

a0044166_094134.jpg「千葉音楽野郎選手権」に、出場する事が決定致しました!

開催日: 9月23日(火・祝)
主 催:bayfm78/千葉市美浜文化ホール
会 場:千葉市美浜文化ホールメインホール
     千葉市美浜区真砂5-15-2
時 間:開場13:00 開演13:30
     http://www.mihamahall.jp/
入場料:1,000円

私達の出場は、14:45~15:00の15分間の予定です。
THE B-DOLLSにとっては、初めての大きな会場での演奏です。
お時間がある方は是非いらして下さい。
[PR]
# by madamkayo | 2008-09-15 00:12 | バンド活動
先日、某○ータリークラブの真夏の夜のパーティーで、会社バンドの愉快な仲間達は出演して、演奏しました。
お客様150人位と言う事で、これまた大きなパーティー。
社長が今年は会長と言う事で、幹事としてのパーティー演出として、私達会社バンドに依頼があったのでした。

今回は、バンドの他、受付時のBGMと開催時のピアノ弾きを任され、責任重大。。。

a0044166_21829100.jpg18時~会場・受付で、ピアノBGM。25分間やってほしいとの事で、昔弾いていたクラシックからリチャードクレーダーマンやKiroroの「長い間」など弾いてみた。
あがってはいないと思うのだけれども、不慣れな会場に、指が思うように動かない。後で社員の人に聞いてみると、全然大丈夫に見えたとか。。。って言うより、BGMだものね、皆あまり聴いていないようで。会場が何となくいい雰囲気になったのならよかった。

a0044166_2193298.jpgそして、会長事・社長が鐘を鳴らして、パーティーの始まり。
「君が代」を指揮者の方に合わせて慎重に弾く。
今回のオリンピックのお陰で、音とりができました。
そして、クラブの歌「理想の奉仕」。
これは、CDを借りて練習。校歌のようで、勇ましい歌。
無事、第1部の任務が終わって、「ピアノは○○さんでした」と紹介され、頭を下げて席に戻る。

次々に食事が運ばれて来たけれども、何だか食が進まない。
やっぱり緊張しているのかな?

さて、他の演歌の歌やおどり、家族連れのお子様達の為の催し物が終わり、最後のバンドの出番。
夏休みを挟んでちょっと練習不足で不安。でも、このバンドも何だかんだと、昨年から場数を踏んで来て、これで演奏するのは5・6回目位かな?けっこう凄いかも。

最初の曲は、ビリージョエルの「オネスティー」
a0044166_220999.jpg
さっきのBGMなどと違って、皆と弾けると言う安堵感を感じて弾き始められた。
室長が、お得意の英語で落ち着いて歌い始める。
初めて聴いた方達からだろうか、途中の間奏で少し拍手が後方から聞こえてきた。

次にサザンの「TSUNAMI」
a0044166_221783.jpg
これは以前にも演奏した事があるから、このバンドのオハコ的な歌になってきたかも。
前奏が始まると、前席の偉い人達も知っている曲なのか、「おぉ~」と小さく声をあげておられたのが聞こえた。
a0044166_2323080.jpg


a0044166_2225075.jpgそして次は、メンバーが楽器をチェンジするので、室長のMCから、私がマイクに向かってのバンドメンバー紹介にうつる。
今回は、スモーコン・ザ・ウォーターのあのフレーズをずっと繰り返して弾いて、それにのって紹介する案を思いついたのでやってみた。

「わが社の頭脳とも言うべき、一級建築士。頭脳明晰、足りないのはお嫁さんだけ・・・容姿は問いません。花嫁募集中!ギター○○君」本人にはもちろん了解を貰ったので、言ってみた。小さな笑いがおこって、うけたみたい。
ギターからのフレーズが始まる。

a0044166_2232759.jpg
「お次は、社員の優しい相談役。
豊富な知識はOB施主人気ナンバーワン。
サザンを歌わせたら、この人の右に出る者はおりません。
ベース○○室長!」
ベースがギターの音に加わる。




a0044166_2244615.jpg



「そしお次は、わが社の若手ホープ。
現場にこの人あり。
最近では、HP・ブログ更新役で若い奥様達から人気沸騰中。
エダッピ事・ドラム○○君!」

彼の勢いの良いドラムが入り、ここでも拍手が起こる。

a0044166_2263733.jpg
そして替わって、室長が私を紹介。
「先程から、ピアノ・キーボードを弾いております、○○さんは経理・総務担当でもあります。いろいろ音楽に携わり、バンマス的存在であります。○○ちゃん事、Onキーボード!」
室長それは、褒めすぎと思いながら私もシンセのロック・オルガンの音で重ねて行く。
ドラムの子の合図で、最後のフレーズで終わらせ、次の曲におもむろに入る構成。

今回初めて挑戦する
ニル・バーナーの「Smells Like Teen Spirit」と言う、ハードロックの曲。
a0044166_2284265.jpg

若手ふたりの希望曲だったけれども、逆に本人達がこの曲はこの場所にどうでしょう?と躊躇していた。
たぶん、やってみたら面白いと思うよ、と押してみた。これが大成功。ふたりが生き生きと演奏してくれた。
ドラムの子はもともと安定感があったけれども、やっぱり若さ溢れるパワフルなドラムは何度聴いても、気持ちがいい。それに今回この曲のギターを弾いた彼は、昨年から目覚しく上達して驚くほどだ。
会場から女性社員達も舞台の前まで出て来てくれて、手拍子で応援してくれた。

次は、男性社員から応援としてボーカルに次長が参加してくれた。
a0044166_229489.jpg

矢沢栄吉の「ファンキーモンキー・ベイビー」
室長の前奏のギターが軽やかに鳴り響き、リズミカルなこの曲に、少しお酒の入った男性社員や他のお客様も前に出て、踊り出した。わぁ、あっちの方が楽しそう。

ここで少しアクシデント。シンセが突然ブツンと切れて音が出なくなった。曲の途中で急いでピアノに飛んで行き、続きを弾いた。
曲が終わり室長の所に飛んでいき、事情を説明する。新しいシンセがこの熱気にまけて、壊れてしまったかと一抹の不安がよぎったけれども、いろいろ入れ直して、無事復活。

そして今度は、女性社員の歌姫がボーカルとして参加
a0044166_2295138.jpg

AIの「Story」
昨年の会社のパーティーでも歌って貰ったけれども、今年は更に声が出ていて、とても良かった。私も彼女の声量に負けじと、ピアノを弾いた。

そして○ータリーの方達にも参加して貰ってGSの「思い出の渚」
年代からか、とても喜んで歌って下さる。
社長もギターを持って参加して下さった。

最後にサザンの「真夏の果実」
a0044166_231395.jpg

流石室長、お得意のサザンを哀愁ただよわせて、しっとりと歌う。
ドラムの子は、ベースに持ち替える。今回は3人が、入れ替わりベースを担当した。
私はこのシンセは苦手で、とても不安だった。しかも原坊のハモリがとても難しくて、直前の練習まで悩んでいたけれども、控えめに歌ってなんとかなったかな。
a0044166_2312661.jpg

後で、見ていた課長が「最近、この曲CDで聴いているんだよ。そっくりだったよ」と言ってくれた。よかった。。。でもホント?・・・お酒のせいかな(笑)
何よりも、社長がニコニコして聴いていてくれたのが見えて嬉しかった。クラブの方達も、お客様達も拍手を下さった。
とっても今回は体力的にキツかったけれども、この一瞬の為にやっているのかもしれない。

席に戻り、やっと食欲が出て、お皿のものを食べ始めた頃、パーティーが終わり。。。
これで、当分こんな機会は、このバンドはないだろうなぁ・・・寂しいな。
・・・と思っていたら。。。え?年末の業者・忘年会でもやってくれって?
その前に、長期休日を下さーい!
[PR]
# by madamkayo | 2008-08-31 02:26 | バンド活動

鴨の親子と・・・

暑い日が続きますね。寝苦しい日が続き、寝不足ぎみの今日このごろ。
以前の私は夏痩せしていたのに、しぶとい中年になった昨今は、食欲だけは落ちない。
最近、またウエスト回りに何やらポニョポニョしたものが・・・
我が家ではその物体を、「お腹のポニョ」と呼んでいる。そんな可愛い物では、決してないのは言うまでもないけれども・・・

そんな私に、朝の散歩を勧める主人。朝、運動して体を活性化させると、1日代謝が良くなって、メタボ対策になるとの事。理屈ではわかっているものの、朝が苦手な私・・・
最近、月曜~木曜の禁酒Dayを儲け、更に朝の散歩を1時間を実行している主人はみるみるうちに、ポニョポニョしたメタボ腹がひっこんで来た。
何度も「一緒に行く?」と誘われているのに、行こうとしない私。何を思ったのか主人が珍しくデジカメを持って出かけて行った。
a0044166_2047064.jpg

そして、この写真を撮って来たのです。(すみません、1ヶ月以上前の物です)
「ほら、見てごらん、鴨の親子がいるよ」
a0044166_20473034.jpg

よくTVで、微笑ましい鴨の親子の都会での大行進は見た事があるけれども、こんな身近にいたなんて。
以前でもご紹介した事のある、マンションの裏の散歩コース。

この写真につられて数日後、単純な私は朝の散歩に、主人と一緒に行く事にした。
苦手な早起き。ね・眠い・・・。
鴨の親子が見当たらないなぁ。
a0044166_20482916.jpg

あ、でも白鷺がいたわ。わぁ~綺麗だなぁ~。昔、子供の頃住んでいた埼玉の田んぼにもいたのを懐かしく思い出す。
a0044166_20485955.jpg

こちらは、いつもの散歩コースの田んぼを挟んだ農道のような所。
鴨の親子を見るのを諦めて帰る頃に、あ、鴨を一羽発見!
a0044166_20494034.jpg

これは私が写真にパチリ。でも、様子がおかしいなぁ。
ケガをしているみたい。きっと、他の鴨達はもう移動してしまって、取り残されたのかもしれない。可愛そうに。この川も水かさが増すから、大雨など降らないといいけれども。
この日は1時間ほど歩き、程よい汗をかき、大急ぎでシャワーを浴びて、お弁当を詰めて、会社に出勤。早起きは三文の徳?とは言うけれども・・・一日が・・・な・長い。
と言う事で、朝の散歩は1日坊主の私・・・

着実に散歩を続けている主人が、ある日「あのケガをしていた鴨、治って元気になっていたよ!」と嬉しそうに戻って来た。そんなささいな事も喜び合うのは、お互い歳をとった証拠かな?
でも、ケガをした鴨がそれとは何をもって確信したのかは、追及するのはやめておこう。。。
さて、私のメタボ対策は、主人と禁酒Dayをつきあう事だけ・・・になってしまったけれども、ちょっとだけ効果が出てきたと思ったのもつかの間、今日はお盆休み最後の日。
a0044166_20543249.jpg恒例、「夏休み主人と映画を見に行く会」?は、DVD を借りて好きな食べ物を買って、「お家シアター」と言う事に今年は決定。
主人と娘がDVD班でふたりで選んできた。ペンギンの動きが痛快な「サーフズ・アップ」と、息をもつかないシーンが続く「ジャンパー」。面白かった~!
そして、私は食べ物班で、フライドチキンなどを買出しした。
・・・あらら、お腹のポニョが増幅~!大変だ、明日制服のスカートが入るかしら?
明日から、ダイエットしよう。。。明日から・・・きっと。。。
[PR]
# by madamkayo | 2008-08-17 21:02 | 日記

また、この日が・・・

また、来てしまった。マイ・バースデイ。
そして、またこのネタですみません。
何だかこの日は、やっぱり感慨深くふとなったりするもので・・・

昨年同様、この日は公休をとらせていただく事にしました。
何だか最近疲れぎみで(これも歳のせい?)特に昼食を追えた後の午後は、上と下の瞼に磁石が付いているのか?と思う位、ドッキングしそうになる事が、たまにあったりして。。。これじゃイカーン!、やる事が山のようにあるのに・・・と思いながら、一瞬気が遠くなり別世界に行きそうになる・・・・・ので、休みをとって、リフレッシュする事に。そうです!あくまでも、明日の仕事の為です!?

午前中に、珍しくさっさと家事と買い物を済ませ、午後に主婦の醍醐味、昼寝をうつらうつらと・・・。でも、夕方からちゃんと夕飯を作らねば・・・と、あんなに日々願っていた昼寝をたっぷり堪能する事ができず。。。何でこんなに貧乏性なのでしょう。
ここの所、「~~しなきゃ」と心の中で、葛藤する事が多い日々。
仕事しなきゃ・家事をしなきゃ・ピアノとシンセの練習をしなきゃ・・・そして、働けど働けど、我が暮らし楽にならざり、じっと通帳を見る・・・?・・・今のご時世、皆同じかな?私だけじゃないね。ならば頑張らねば・・・と心の中のひとり言。
a0044166_247182.jpg

久しぶり?にせっせと夕飯の支度をしていると、息子と彼女が到着。さっそくサラダなどを手伝って貰う。今日はスパゲティとサーモンのサラダ。
やっぱりこう言う日は、自分が好きな鳥の唐揚げを作ってしまう。今日は骨付きと骨なしの2種類。
鯖のいい物がスーパーであったので、3枚にさばいて、これも油で揚げてマリネ風に。
それから疲れ気味の家族の為に、タコのわかめのお酢物。
息子が食べたいと言っていた、冷やしトマトと玉ねぎのドレッシング漬け。野菜不足の息子にたんと食べてもらわないと。
それから、主人がイカと私の好きなサーモンを買って来てくれて、イカはむいてシソの葉とくるんでくれて、もう一皿追加となりました。
a0044166_2474345.jpg

久しぶりに台所にずっと立っていたから、足がちょっとしびれたワ。最近手抜きだったから(泣)
でも、皆が美味しいと食べてくれる事が何よりも嬉しいのです。
娘が、ケーキを買って来てくれて。何?私の名前がチョコに?しかも、ちゃん付けで(笑)
ろうそくを何本立てようかが問題になって、全部立てたらケーキが埋まってしまう(?!)と言われ、7がラッキーセブンと言う事で、とりあえず7本?「フッー」と火を消そうとしたら、これまた肺活量まで衰えて来たのか、全部消す事ができず、でも追っかけで私が見ていない間に残りの火を誰かかが消してくれました。そんな優しい家族に、囲まれてやはり私は幸せなんでしょうね。
a0044166_248780.jpg

息子からはビートルズのDVDと、彼女からは切った材料をお鍋にそのまま運べるまな板をいただきました。そうそう、バンドの相方のsatomiちゃんにも、先日素敵なプレゼントをいただきました。
今年も良い誕生日でした。感謝感謝、ありがとうございました。
[PR]
# by madamkayo | 2008-07-09 02:53 | 日記

披露宴演奏 後編

2曲目は、ウルフルズの「ばんざい」

さっきまで、奥でリズムを打っていたドラムの若手が、ベースギターに持ち替えて、前方のマイクに登場です。
私は、ピアノ中心の曲が済んでホッとして、シンセに移動。

オページョンの建築士の彼が、リズムトラックの開始のボタンをひとつ押して、カウントから始まりました。
室長のギターのバッキングだけで、彼が勢いよく歌い始めます。

『イエーイ!君を好きでよかったー
 このまま、ずっとーずっとーしぬまでハッピー!
 バンザーイ!君に逢えてよかったー
 このまま、ずっとーずっとー
 ラララー、ふたーりでー♪(ここで一緒にコーラス)」』

a0044166_1341882.jpg

そして、ベース、ギター、オページョン、シンセ、リズムトラックも一斉に演奏を始めると、前方の新郎側の若い男性客の方達が「おぉー!」と言う声と共に拍手をしてくれたのが見えた。これには驚いた。
うけている・・・。ウルフルズのこの曲をリアルタイムに聴いていた年代層かもしれない。

この曲は当初、若手の彼が本当の?ドラムを叩きながら、歌の練習をしていた。
やはりその作業はとても難しくて、なかなか彼としても満足できる物にならなかったけれども、リズムトラックにして、本番2週間前位に彼がベースを持ち替えてから、急激に上達した。それに彼がこんなにベースが弾けるとは知らなかった。
かつて、学生の頃バンドを始める時に、仲間とジャンケンをして負けて、あえなく担当がドラムになったと聞いた事があったけれども、念願がここで叶ったのかもしれない。
それに私の息子とそうかわらない歳の若さからくる声は、迫力ある位に式場に響いてくれた。後方に座っていたお客様達も前方に出てきた。
でも後で聞いたら、いつも後ろでドラムを叩いていたから、足が震えるくらい、超緊張したとか。
a0044166_1344580.jpg

建築士の彼も、エレアコのオページョンに持ち替えてからのびのびと音を出し、曲に厚みを持たせてくれていました。
彼は、昨年の2月の瑞庵ライブがいきなりのデビュー。ベースも初めてだったのに今思えばよく出演してくれた物です。コードを弾くと、とても綺麗でいい音を出すので、これまた感激です。
室長も流石、持参の機材でディストーションをきかせてエレキギター炸裂です。練習のたびに違うギターを持っていらして、そのたびに「今回は何て言うギターですか?前回と同じですか?」と確認するのですが、いつも覚えられなくて。。。この日も選び抜いた恋人のようなギターで登場です。オページョンのサイドギターが入ってから、さらに生き生きと弾かれていました。後で聞きました所「やはりサイドが入ると余裕ができて、オカズも入れられる」と言っておられました。
私は、オルガン音で、参戦です。

この曲は花嫁様が好きな曲だったとの事で、CDも持っていらしたとか。
知らずに演奏したけれども、この曲を選曲してよかった♪


3曲目は、米米CLUBの「君といるだけで」

いい曲だからやろうと安易に考えてしまったのですが、私は新しいシンセで、5つの音の切り替えを瞬時にしなくてはならず、1番不安な曲です。
バンドとしても音がまとまらず途中で私が挫折しそうになって「今までやった曲で何かやろうか」と言いかけると、若手のドラムの彼が、「せっかく今まで頑張ったのだから、やりましょうよ!」と逆に勇気づけてくれた事もありました。
それから私もシンセのマニアルを読み直して、メモリーの入れ方を1週間前に何とか間に合わせて、音の切り替えが不安でなくなってきました。
ピアノ・ストリングス・ブラスなどの音を組み合わせましたが、CDのように多重の音には、もうとう手が足りなーい!状態。この時、B-Dollsの相方の手があれば・・・と何度思った事か。
a0044166_1351750.jpg

この曲は、会社の主任と、花嫁のお友達で、歌の参加をして貰いました。
歌の2人は、ぶっつけ本番。
緊張からか、『たとえば・・・・♪』の出だしがはやく出てしまって、後ろで「未だ未だ」と私小さく叫んじゃったりして。
でも、主任の彼は甘い声で、会社のカラオケ大会の時などほぼ完璧に歌いあげているのを聞いた事があったので、緊張の中でも立派に歌いあげていただきました。
よかった、よかった。
これで、「会社の愉快な仲間達」の演奏は無事終了。
お疲れ様でした~!思ったより好評で、仕事後練習した甲斐がありましたね~(泣)

さて、披露宴も終盤に入り、花嫁様に送る、妹様からのお手紙の時間になりました。
私は、BGMにピアノを頼まれておりましたので、回りの人にわからないように、そそっとまた薄明かりのピアノの所に移動。
双子でらっしゃる社長の娘様は、小さい時から離れる事なく一緒に育って来て、初めて離れる寂しさを、涙ながらに読み上げます。
式場が感動の中、暖かい愛情に溢れて、涙を誘います。
a0044166_1355497.jpg雰囲気を壊さないように、ショパンのノクターンの中でも1番有名な(Op.9のNo.2)の曲をゆったりと。皆が姉妹に注目しておりましたので、今度はリラックスした気持ちででき、また「頑張って読み上げて!」と言う思いもそえて、優しいタッチで弾く事ができたと思います。
無事に済み席に戻ると「あら、今いい所だったのに、どこに行っていたの?」と同じテーブルの隣の席のパートのおば様に言われ「えっ?今ピアノ弾いて来たんだよ」と言うと「え~!?レコード(←古)かと思ったー!」と言われ、誰も気が付かれる事なく済んでしまったようで、褒められているのかどうか?(笑)・・・、でもこの素敵な披露宴に参加出来る事が出来て、よい思い出になったと思ったのでした。

a0044166_1363562.jpg温かい感動の中、披露宴も無事済み、若手の方達は2次会の会場へ。室長と私は車に楽器とアンプを積み、せっかく横浜まで来たのだからと「そごう」?に寄り、室長は娘さんの誕生日ケーキと、私にもお疲れ様ケーキを買って下さいました。ワ~イ♪
帰路は、反省会となり、あっと言う間に帰宅。
本当に「愉快な仲間達」、お疲れ様でした!
[PR]
# by madamkayo | 2008-05-20 01:41 | バンド活動

披露宴演奏 前編

昨日、私が働く会社の社長ご令嬢様の結婚式がありました。
台風が横切りあいにくな天候でしたが、横浜の式場に向かう頃には、強風ながらも少し小雨になり一安心。
この日は、「会社の愉快な仲間達」のバンドとして披露宴での演奏をする事になり、練習を仕事後に何度となく積んできました。
メンバーが「あと2ヶ月と言っていた頃が懐かしい」なんて前日言っていたのが笑えたりして。
専務改め室長の家にメンバーと朝早く集合して、朝練?をしてから、いざ式場に向かいました。
a0044166_1831322.jpg

横浜までは、アクアラインを使うと、1時間位で着いてしまうのですね。はやいわ~
式場に着き、マイクの数など確認し、受付が始まる前にセッティングを済ませました。

結婚式は、チャペルで厳かに行われ、純白のドレスの花嫁の娘さんと社長がバージンロードを歩く姿を見て感動。自分の娘と姿が重なり、少しホロリとしてしまったりして。
披露宴会場は、上品で温かい雰囲気の所で、前方の一角のグランドピアノの場所に、室長の家から持って来たアンプなどを置き、そこが演奏場所。新郎・新婦さんの横の位置でもあります。

花嫁様もお色直しをして再登場。わぁ~今度はピンクのドレスで華やか。もともと美人さんのご令嬢が眩しい程、輝いています。

私達の愉快な仲間達のバンドの出番は、披露宴の後半のわりといい時間帯をいただき、これは、はりきらないと!と思いながら、イタリアンフレンチが空腹に入った途端、安心して来たのか朝練の疲れが本番前に出て来たような・・・今日はこんな調子だからきっとあがらないワ、と思いながらメインデッシュの特選牛フィレのグリエをいただいていると、室長が「○○さん行くよ!」と席までまた呼びに来てくれたのに、またしてもギリギリまでパクつく私。
思い出のビデオが流れている会場。私達は、その次が出番で、薄暗がりの中、演奏場所に移動。

グランドピアノの弾きこんである鍵盤が、何十年もの歴史を感じさせセピア色になり、戻りも若干重たく感じられましたが、私が好きなYAMAHAなので、音は決して悪くない。
薄暗いピアノの前に座り、いよいよだわ。
で、でも、やはり本番には、魔物が・・・
今日はあがらないと思っていた私は、ピアノの前に座った途端、何だか手に力が入らない・・・ムムム、まずい。。。キタキタ~

急にMCを本番直前に頼まれた室長が、短時間で考えたと思えない素晴らしい演奏オープニングトークを始める。「レディース&ジェントルマン!ご結婚おめでとうございます。・・・演奏時間は短いですから耳の穴と○○の穴をカッポジって(ここで笑いがおこる)良く聴いていて下さいね!・・・・・あなたの為のこの曲から、This is ・your song・・・」と、ムーディーな感じで曲を紹介してくれた。
打ち合わせも何もなかったので、「いいですね」と私は室長に軽く確認してから演奏を始める。何も言わずに始めてしまえばかっこ良かったかな~。
a0044166_18342774.jpg

どんな演奏をするのかしら?と新郎・新婦さん始め、先ほどまで思い出のビデオで和やかになっていたお客様達が、一斉に注目した。

エルトンジョンのスタンダードナンバー『Your song』
結婚式の定番にもなって来た曲。
今回、この曲は私が選ばせていただきました。メロディーも詩もとてもいいので、花婿・花嫁さんに聴いてもらいたくて。

(詩の和訳抜粋)
・・そんなにお金を持ってない、でも ねえ、もし持ってるとしたら
僕は大きな家を買うだろう 僕ら二人とも住めるように

そして君はみんなに言える これは君の歌だと
それはとてもシンプルかもしれないけど 今、出来たよ
嫌がらないでと願うよ 嫌がらないでと願うよ
僕が言葉に書きとめる事
なんて素晴らしい人生 君がこの世に存在してる事

a0044166_1835446.jpg

私とは違って、いっさいあがらない室長は英語で感情を込めて歌い始める。
私はいつもと違う自分の指に向かって「動いて!落ち着いて!」と言い聞かせながら、顔は平然を装い弾き続ける。「会場の皆が、聴き入り静まり返っている様子がわかりマズイと思った」と、後で室長が言っていたけれども、私はこの時は回りを見るそんな余裕がなくて。
a0044166_1835391.jpg

曲の後半から、秘密兵器?のリズムトラックと、心強いオページョンの参加で、私もそこから落ち着く事ができ、花嫁さんに聴いてもらいたい!と感情を入れて弾けるようになった。・・・よ・よかった。
でも、曲が終わると、軽く拍手がおこったのでした。
(つづく)
[PR]
# by madamkayo | 2008-05-14 18:36 | バンド活動