Madam.Kayoのひとり言


by madamkayo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

「CHIPSの思い出」 21/25

21. 残暑見舞いコンサート「SMILE AGAIN」

a0044166_14192459.jpgさぁ、今度は楽しい「リズム講座のお時間ですよぉ♪」とばかり、わが愛するシンセ『Poly six』のお披露目MCが始まった。
おかず君が「このシンセサイザーは、大変優れものでしてぇ・・・」とか何とか説明が始まった。は、恥ずかしい。客席には他のバンドの方々や、音楽にはかなり通なハリ村君のように隠れマルチがいるやもしれない。でも、そんな事は言っちゃあいられないのだ。なんせ、持ち曲は4曲だけなのだから。
「このシンセ、沢山いろいろボタンが付いているんですが、これで苦労して音作りをしまして・・」とか何とか言っている。うちの身内のマダムスファミリーだけは嬉しそうに聞いているようだ。「それでおのおののスイッチに音を入れて・・ちょっと音を試しにひとつづつ出して見て」「ブーブー、ファンファン、ビービー」「そう、そして演奏しながら即座に切り替えて、音を瞬時に変えていくわけです。さぁ、かよちゃんやってみて!」と来た。なんとなくこんな事はやるよ、とは言われていたものの「え~ちょっと、やだ~」と心の中で抵抗しながら、ドギマギと次の曲のバッキングの触りを弾いてみた。「おぉ~!」と佳隆くん達であろうか、しらじらしい驚いたような声援が聞こえる。とりあえず、少し時間稼ぎができたようでホッとした。MCはうちのメンバー達は思ったより上手であった。

さぁ、ではバッキングをお披露目した所で次の曲の「スマイル・アゲイン」が始まった。これは、4曲の中では一番と言っていいほど、それぞれみな難易度が高い。
圭ジョン君のグングンひっぱるメロディーに合わせて、おかず君がチョッパーベースのオンパレード、そしてこれぞカシオペアのリズムと言う細かい技の連続のいんご☆君のドラム、そして私も負けずに細かいバッキングが続く。

Poly 6は今度は、客席からは横を向いていて、私の前にはいんご君がいるような形だった。舞台にはツインにドラムがセッティングされていて、もう片方のドラムを隔ててだったが、この距離だったら、彼の正確なドラムのリズムがわかる。

私は、いんご☆君の正確なリズムに絶大なる信頼をしていた。CASIOPEAの神保彰のような十手観音いいや千手観音のような手と足の動きとそれに伴うリズムの技。3次元で物を考えられない私には、4つ同時にいろいろ叩くと言う事が信じられなかった。しかも、リズムの表と裏、裏の裏まで正確である。8分音符、16分音符、更に半分の32分音符のどこで割ってもくるいがない。これは、白地図の裏の裏山の塗らなくてもいいような桑畑まで、黄色やおうど色で律儀に全部塗り上げた彼なればこその隅々までの行き渡りである。また、高校時代、休み時間のたびに、私は仲が良かったのかと思っていたが、あの恐ろしい男子だけの教室の住人の圭ジョン君とおかず君の憂さ晴らしのような廊下でのリズム特訓。鞄持ちの下積み時代が、見事に開花した。

スマイル・アゲインのシンセのバッキングは細かい所まで譜面に書いてはなかった。だから、テープで擦り切れるほど何度も聞いて、師匠である向谷実の技を盗んだ。自慢のバッキングである。バッキングである伴奏は地味だが、さりげなく難しい事をやってキメれば、こんなにカッコ良い物はないと思っていた。

私は、いんご☆くんの正確なリズムを身体で感じながら、プロムラミングされたスイッチを瞬時に切り替えて、まるで『イモ欽トリオの山口君』のように、音を替えては戻してと繰り返した。いんご☆くんのバスドラが軸の表のリズムを教えてくれ、スネアが表裏のバッキングのリズムを支持し、ハイハットが一瞬何度もある裏で入るキメのタイミングを前もって知らせてくれる。

圭ジョンくんの「タッタラータ・タァ~♪」と野呂一生さんのようにのびのびと弾いているのが聴こえてくる。おかず君のチョッパーベースが、まるで桜井哲夫さんのように「ズンベ・ズンベ♪」とさえわたった。私も夢中になって、下をほとんど向いた状態で弾いた。
・・・・・「スマイル・アゲイン」の演奏は無事にすんだ。わが愛するPoly sixも忠実に音を出してくれた。


また曲の合間のMCが始まった。CASIOPEAのヒット曲で、信じられないようなギターの早弾きで始まる「ブラックジョーク」と言う知る人ぞ知る曲がある。その題名の「ブラック・ジョーク」になぞらえてのMC。圭ジョン君が与論島から帰って来て大ボケかましてくれた話しをしているようだ。何か冗談を言っては「ブラック・ジョークでした~♪」と言うのが、マイ・ブームのように私達の間の会話では当時流行りだった。それを引用したのだが、チラホラと笑い声も聞こえ思ったより受けたようだ。よかったよかった。

さっきまで緊張していた私にも、難しい曲「SMILE AGAIN」が終わりホッとしたのか、そのMCを聞きながら『笑顔が戻ってきた』。

さぁ、最後の曲、もう一度「ASAYAKE」だ。
[PR]
# by madamkayo | 2005-07-05 14:18 | CHIPSの思い出

「CHIPSの思い出」 22/25

22. 残暑見舞いコンサート「ASAYAKE」

a0044166_14193299.jpgあんなに楽しみにしていた初めての出演コンサートの演奏する曲目も、もう最後残す所1曲になってしまった。持ち時間を持て余している感も最初はあったが、過ぎてしまえばあっと言う間に感じた。
私は女性であるから、今後ライブコンサートに出られたしてもあと1回か運が良くて2回が限度だろうと思っていた。
でも、予感が当たってしまった。私にとって事実上独身最初で最後の出演コンサートになってしまったのだから・・・


第二期Chipsの看板曲である「ASAYAKE」が、大将圭ジョン君のこのテーマのような「チャカチャカチャカッ・チャッチャッチャー」と言うギターで華やかに始まった。おかず君のベースと私のPoly sixの低い音で「ボ・ボーン」と前奏をにわかに始め、いんご☆君が元気よく「カンカンカン」とリズムを刻みタムタムから「コンココン・コンココンコン」と勢いを付けて入ってくる。

そして前奏の次にすぐに圭ジョン君のひっぱるメロディーが始まった。私も音をピアノ音に切り替えてバッキングに入る。この時だ!私はこの曲も2回目と言う事もあり、やっと周りを見る余裕が出来た。ASAYAKEは何度も彼らと畑コミで練習したから、特に伴奏はもうソラでも弾けた。でも、オープニングの時は全くそんな余裕がなかった。今度はバッキングを弾きながら、前方をチラっと見た。
まず、前方のいんご☆くんが目に入った。そう言えば畑コミではシンセはいつも窓の方を向いていたから、叩いている彼をちゃんと見た事がなかったかもしれない。いんご☆くんは、サラサラ髪をなびかせて、若さハジケルようにドラムを手足と全身を使ってエネルギッシュに叩いていた。「ヒョエ~、か・かっこいいっ!!」
前方左サイドのおかず君もチラッと見た。赤いツナギを来て、少し足を開き観客の方に向いてベースを弾いていた。「わぁ~、いつものおかず君じゃないみたい・・男っぽーい!」リズムを取りながら、時にチョッパーベースも力強く交え、足踏みを入れたりして堂々としたものだ。
次にセンターの圭ジョン君をチラっと見た。彼のギターのメロディーが最初の盛り上がりに入って来て、独特のカッティングが始まった。彼はその時、紛れもないギタープレイヤーだった。弦をハジクようにして技を見せている。「ヒャ~、す・素敵だわぁー!」圭ジョン君のギタープレイに観客の女性人もうっとりしている感じである。

3人のChipsのメンバーがキラキラした音の中で、私には眩しいほど輝いて見えた。いつもオベンチャラばかり言う私だが、この瞬間をハッキリと覚えている。彼らを見たいけれども正視できない。私は確認する必要がないのに手元に目を落としては、彼らをチラチラ見ていた。演奏者でもあると同時に視聴者にもなっていた。それも、彼らのとびきりのファンとしての。
いつもの愉快な仲間達は実はアマチュアであるけれども立派なエンターテイナーだった。
『私はこんなに素晴らしい仲間とバンドをやっていたんだっ!』
さっきまでの緊張の鼓動とは違うドキドキ感が新たに私を襲ってきた。

そうこうしているうちに、メロディーラインがキーボードに移った。「タラ・タ・ラータ~」と大きめの音で弾く。するとメンバーの3人がバシっとバッキングを合わせてくる。何とも言えない幸せな瞬間だった。「音を合わせるって素晴らしい!」。。。

短い私のソロが終わり、また圭ジョン君にメロディーを返す。ここまで来ると、この曲が後半に来た事を表す。私はちょっと濁ったような音に切り替えてバッキングに務める。大将がひとつづつ階段を登るように音階を押し上げて行く。私も一段づつ大切に弾きながら一緒に登って行く。おかず君といんご☆くんにも力が入って来て、うっすら汗も光ってきた。
頂上に近づいてきてギターのトレモロが始まった。『もう終わりですよぉ』と告げているようだ。
「あぁ、もうASAYAKEが終わってしまう。こんなに楽しみにしていたコンサートも。そして私の青春も!。。。」

そう、私はこの曲と供に私の遅咲きの短かった青春も終わってしまうような気がした。

「どうか、もっとこの曲を弾かせて。そして、どうか、まだこの大好きなメンバー達と一緒にいさせて!」と思いながら弾いた。

いやおうにもエンディングが近づいてきた。Poly sixの厚い音を渾身の力をこめて弾き、自らもフィナーレを高らかに鳴らす。熱い思いを指に込める。
『さようなら、残暑見舞いコンサート。さようなら、私の青春』
「・・・ジャジャジャジャジャジャ・ジャンジャンジャンッ!!!」

・・・・・終わった。終わってしまった。。。。。。

すると、客席から拍手と声援が聞こえた。「ありがとう、素晴らしい仲間達!そして温かい同級生と家族達!」

「そして、ありがとう!こんな私に、短かったけれども、キラっと光った青春をプレゼントしてくれた、素晴らしいChipsのメンバー達!!」

「一樹くん、圭三くん、そして印南くん、あなた達は、私の『生涯の心の恋人』です!!!」
[PR]
# by madamkayo | 2005-07-04 14:18 | CHIPSの思い出

「CHIPSの思い出」 23/25

23. 「コンサートの後で・・・」

a0044166_14162446.jpgコンサートから家に戻ると、母が興奮したように「圭三君、かっこよかったねぇ。一樹君もこんな風に歩いてたねぇ」なんてマネして見せた。「ウン、そうだねぇ」と私も笑顔で答えた。
「お父さんが見たら喜こんだよねぇ」と母が言った。

私が小学生の頃、父はその時入院していた病院をこっそりと抜け出して、私のピアノの発表会に来て写真を撮り、知らない間に帰った事があった。きっと、生きていれば同じ事をしただろうと、前の年に他界した父の事を思った。

「そんな大げさなモンじゃないよ」と母に言って背中を向けたら、一粒の涙がこぼれた。


          〔 完 〕

[PR]
# by madamkayo | 2005-07-03 14:17 | CHIPSの思い出

「CHIPSの思い出」 24/25

23. あとがき(登場人物・場所)

約一ヶ月半の間、ありがとうございました。
文豪おかず氏にならって『あとがき』をしたためさせていただきます。


〔登場人物紹介〕

第2期Chipsメンバー
ギター: 大将圭ジョン君 = 圭三くん
ベース: おかずくん  = 一樹くん
ドラム: いんご☆くん = 印南くん
キーボード: かよちゃん = 私

素晴らしい仲間達
ハリ村くん=村田くん、佳隆くん、ジョン藤さん=昭人くん

昨年さつきが丘お祭り
景ちゃん、さいちゃん、さとみちゃん

第3回残暑見舞いコンサートのお客様
淀ねぇさん、淀ねぇさんの旦那様、Nちゃん
(マダムスファミリー)実家の母、母の妹夫婦とその子供

スペシャルゲスト:おかず君のお母さん、しげちゃんのおじさん、優子ちゃん、私のD様
           金魚スカートの女の子2名、図書館の女の子、実家近所家政婦達

わが愛するシンセ=Poly six


〔登場場所〕

畑コミニティーセンター(白い音楽室・玄関階段)
セントラルプラザ7Fホール、7F踊り場白いソファー、舞台と舞台袖
こてはし台図書館、こてはし台実家玄関
養老渓谷・楽器店(カノウプス)・おかず君の車の中
市民会館(カシオペアコンサート)
佳隆くんの説教部屋、新星堂、TACTブース前
東京ドーム(ポールかジョージのコンサート場所)
一樹くんの部屋、居酒屋笑々、さつきが丘団地の芝生の上とどこかの土手
KT高校:1年C組(圭三君・一樹君・印南君・村田君・淀ねぇさん・Nちゃん・私)
      2年C組(恋の達人達:淀ねぇさん・Nちゃん・口達者な子)、自転車置き場
      3年H組(圭三君・一樹君・村田君)と3年E組(印南君・私)の教室とその廊下
[PR]
# by madamkayo | 2005-07-02 14:14 | CHIPSの思い出

「CHIPSの思い出」 25/25

25. あとがき「その後・・・・・」

書き終わって、20数年前に気持ちが引き戻された感じがしました。
あの頃、どんな思いだったのか・・・
当初は、人情溢れどこか笑えるお手本のような文豪おかず君の文章と、一夜にして忙しい中3話も痛快な文章を書き上げてしまった惣菜君に触発されて、Chipsに入ったいきさつと、「トランクボーン事件」に対抗して「金魚スカート事件」、また「残暑見舞いコンサート」の事だけふれて4話~5話の軽い気持ちで書いてみようと思っておりました。
そうしましたら、書いて行くうちにいろいろ思い出し、この際「青春の記録」を残すような気持ちで、脳の中に残っている物を出してしまって皆様に読んでいただこうと、ご迷惑も顧みず私の中で火が付いてしまったのでした。
そうこうしているうちに、大きい割りに節穴と言われる目がパソコンの光りだけ吸収し、目からも火が出る思いになって来ましたが、この愛おしい季節を書きたくて書きたくてしかたがない気持ちは押さえられませんでした。結果、文芸部に長くお邪魔してしまい申し訳ありませんでした。

記憶が戻るにつれて、あの頃何も疑わずに彼らに付いて行こうと思った純粋な気持ちや、また逆に大人でなかった無頓着な自分に気が付いたりで、その時その時書き終わった時に笑っていたり、涙が流れているような時もありました。
当時の彼らの姿が鮮明に浮かび上がり、心配そうに玄関に立っていた圭三君の姿や、車を運転しながら楽しそうに喋る一樹君の姿、そして畑コミの廊下で前髪をなびかせて笑う印南君の姿が、パソコンを打っている私の横をかすめ、ドライアイから涙が出る思いでした。

この「残暑見舞いコンサート」の後、Chipsの練習の回数も減り、このコンサートで知り合った他のバンドのギターの人から誘われて新しく結成したバンドで練習をした事がありました。ツワモノ揃いで、ドラムにはあのアラハリ君もいました。バンドの面白さが分かりかけた頃でもあり、望んでいたスタジオ練習とファミレスでのミーティングでしたが、どこかのっていない自分がいました。畑コミでの練習とそこの階段でのパンをかじりながらのミーティングをこよなく愛していた事に改めて気づかされたのでした。そして、Chipsのメンバーを。。。その新バンドは1・2回の練習で自然消滅してしまいました。

この、一緒にいてなんとなく楽しい♪と言うのが、アマチュアバンドには大切な事だと思います。
皆様がご存知の昨年の5月の仲間を交えての全員のセッション。さつきが丘Fのメンバーに混じってキーを弾かせてもらい、それだけで生きてきて良かったと思ったものでしたが、そこからまたまた火が付き『第2の青春』とばかりに新しいバンドが誕生しました。
当時一緒のChipsのメンバーだったいんご☆くん、そしてその時3回お会いしていたバンマスのジョン藤さん、そして中央公園ででっかい出会いをして畑コミの近くに住んでいるさとみちゃん。私は最初、距離的・時間的・体力的に無理だと思っていました。でも、さとみ嬢のプログでも紹介されている通りそれぞれみんな多忙の中、1ヵ月に1度の網の目を通したような時間帯に練習をしています。人生諦めなければ何とかなるのですね・・・。
先日、駐車場からペンタまでの1通だらけの道でとまどっていた私に「付いておいで」といんご☆くんが車でゆっくり誘導してくれ、当時お世話してくれなかった?いんご君のその車の後ろ姿を見て、時の流れを感じ感慨深い物がありました。
今は、練習の時はおかず君も圭ジョン君ももちろん迎えには来てくれないのでちょっぴり寂しいですが、自分で千葉にも高速に乗ってさつきが丘にも行けるようになりました。マークⅡ男も「あれはチェイサーだった」と文句は言っているものの、高速には一生乗らないと言っていた私が乗り出したので、その事だけを心配して気遣ってくれています。それも時の流れを感じます。
また、新たな出発です。このバンドも楽しい思い出が増える事を願っています。そうしたら、今度はさとみちゃん、20年後に書いてネ!まず、団地の一室でカツラをかぶって取材を待っていた4人の中年男性の事から始めていただけると嬉しいです。
それから、圭三君と一樹君がまたギターとベースを押入れから出して弾いてくれる日を待っています。その時また「サニーサイド」と「ASAYAKE」を演奏しましょう!そして、また全員でのセッションをまたいつかしましょうね!
では、長くなってしまいましたが、皆様ありがとうございました。
お礼の言葉とさせていただきます。
[PR]
# by madamkayo | 2005-07-01 14:12 | CHIPSの思い出