Madam.Kayoのひとり言


by madamkayo
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2006年 04月 ( 2 )   > この月の画像一覧

インドネシアからの手紙

 以前、勤めている会社で、インドネシアやマレーシアの外人の20代の男の子達と知り合う機会があった。彼らは、技術者や研修生としてこちらに来ていたようだ。
はじめは、浅黒い彼らに声をかける事ができなかったけれども、彼らは日本人にとても友好的で、次第に友達になっていった。

 昼休みなどは、私はスピーク・Englishを教えてもらい、彼らには日本語を教えてあげた。
日本語を教えて行くうちに、日本語って難しいんだなぁ~と母国語ながら改めて思ったりしたものだ。
たとえば、「下」と言う漢字。意味の通り「した」とも読むし、上下の「げ」とも読む。下りる「おりる」にも使い、尚且つ「~して下さい」にも用いる。説明するのに、しっくはっくした。
 
 その中でも日本語の上達の早い男の子がいた。他の彼らは「○○さん、綺麗」と覚えたての日本語で、お世辞を言ってくれ、私がつかさず「正しい日本語だわ!It's コレクト!」と笑ってみせると、その上達の早い通称「モモちゃん」と言う子が「○○さん、遠・く・か・ら、きれいで~す」と、いたずらっ子のような微笑みを浮かべて、私を大笑いさせた。「モモちゃん、それ以上、日本語を覚えなくてもいいわよ~」と言って彼と笑ったものである。

 
 その会社を辞めて、8年位経つ。友達になった数名の彼らと、中学生のような英語で文通をしていたけれども、いつしか忙しさにかまけて、私から手紙を出さなくなってしまった。
彼らからも、少しづつ、手紙が来なくなってしまった。
a0044166_1184064.jpg

 でも、先々月、久しぶりにAir mailが郵便受けに届いていた。「モモちゃんだ~♪」と私が思わず小さく声をあげた。
 
 何々?・・「Happy Valentine to you and your family. ・・・ I am Momo, someone who that makes you very busy when I in Japan. I was married last year and I have son last month. By the way, when you will come to Jakarta? ・・・」
 文法やスペルが正しくない所があっても、お互い通じるのです。
「あ~、モモちゃん結婚して、子供ができたんだ~♪あの小柄で、子供みたいだったモモちゃんが~」


 懐かしさの余り、先日、夜に国際電話を久しぶりにかけてみた。数年前の最初の頃はドキドキしたけれも、今はどうにかなるサ!と思ってかけられるようになった。
 
 「Hello~♪May I speak to Mr.Momo? I’m ○○,from Japan.」と言ってみた。・・また、変な外人(私もそうであるけれども)が出たらどうしよう。ベラベラと英語やインドネシア語しかしゃべらない人や、「わ・た・し、すこし~日本語、でっきますぅ」なんてのが出た事もあった。

 すると「私、モモです~!○○さん、あ~~、うっれしいですぅ♪私、少し日本語、わすれましたー(笑)」と直接、モモが出てくれた。
「ベイビーできたの?おめでとー!」
「○○さん、いつジャカルタ来ますか?」
「ジャカルタ、恐い!I'm afraid!デンジェラス。TV News、テロ in ジャカルタ。バン・バン!」
「う・そ・ですぅ。ジャカルタ、大丈夫でっすぅ~」
・・・って、こんな会話。

彼は日本語が良くわかるので、お互い変な日本語?でも会話ができる。

 そして電話の最後にちょっとだけ覚えていたインドネシア語を言った。
「アタス・クバイ・カンニャ。ウントゥー・バントゥー・アンニャ。テレマカシー。サンパイ・ジュンパ・ラギ!」
『お世話になりました。ありがとう。また会いましょう』と言った意味だと思う。
使った本人が意味を良く覚えていない。

 これには、モモちゃんが大うけだった。
短く終わらせようと思っていた国際電話もついつい長くなってしまった。
後日の電話の請求書がちょっと恐い。
 
 インドネシアからの手紙は、どくとくの香辛料の香りがした。私も久しぶりに手紙を書こうかな・・・日本からの手紙は、醤油くさいのかしら?
[PR]
by madamkayo | 2006-04-24 01:01 | 日記
先月(3月)の初旬、実は淀ねぇさんとふたりで、ディズニーランドに行って来ました。
a0044166_024590.jpg

私は、本当に久しぶり。10年ぶりぐらいでしょうか・・・。
いっつも混んでいて、子供の為に列に並び、子供達が乗っている間に私が番取りをする・・・と言う、ぞっとするようなくたびれる一日を過ごした事がある私は、二度と来るものか!・・と思っていたのでした。

でも、淀ねぇさんが「子供が手が離れたこの時期だからこそ、友達と行くディズニーは楽しいよ♪」とおっしゃるのです。
子供と行く所と思っていた私は目にうろこ?の思いで、久しぶりに足を踏み入れたのでした。
a0044166_0245490.jpg


「あぁ~懐かしい」・・と入り口から、ちょっと緊張ぎみの私。
《トゥモロー・ランド》のエリアから回る事に。
スペースマウンテンは恐いので、もっと軽めの物からと言う事で『スター・ツアーズ』や『ロジャーラビットのカトゥーンスピン』。
『バズ・ライトイヤーのアストロプラスター』もファスト・パスを使って入りました。ファストパスなんて良い制度?以前なかったワ~!並ばなくていいんですね~
どれも笑いが止まらず面白かった~

『ミクロアドベンチャー』に入る時は、「マイケル・ジャクソンは?」と私が言うと「か・かよちゃん、いつの話をしているの??!!!」・・と淀ねぇさん、目が点になる・・・(・・?
a0044166_0251937.jpg



ランチは、スプラッシュマウンテンの近くの穴場のような、レストランに。
『グランマ・サラのキッチン』
a0044166_026576.jpg

アメリカ南部の家庭料理風ピラフやドリアが美味しいお店です。
a0044166_027246.jpga0044166_0291537.jpg








その後、『ホーンテッドマンション』『プーさんのハニーランド』定番の『イッツ・ア・スモールワールド』と、小雨のせいか、列にいっさい並ばず!
全て[5分待ち]とうたってあるけれども、2~3分でスルー・スルー・イン・イン!!
プ~さん、可愛かった~!♪
a0044166_0255666.jpg

1~2時間待ちがあたり前のいつもの混雑ぶりからは、信じられない事だと、「これで、いくつ入った?これは、快挙だよ!」と、淀ねぇさんが連発して感嘆する。

《ウエスタンランド》の方も周り、『ウエスタンリバー鉄道』や『ジャングルクルーズ』の船にも、私と淀ねぇさんが、[乗り込むと発車♪・乗り込むと出発♪]と、「まさに、私達待ち?」と疑うほどの順調さ。


この後、以前よく入った『カントリーベア・シアター』に。子供が小さかった頃を懐かしく思い出す。『魅惑のチキンルーム』も見てくる。

ちょっと疲れたので、ティータイム。
a0044166_0315430.jpg

いつも混んでいて入れないレストランに。
夕日がうっすら窓から入るレストランで、淀ねぇさんとしみじみ「有意義な一日だったね~」


家族にお土産を買って行く。息子にはミッキーさんのトランクス、娘にはミニーちゃんグッズを、主人にはミッキーの袋の柿の種?
ちょっと冷えたけれども、そんな事も忘れるほど、あっと言う間の一日でした。
a0044166_0322198.jpg

小雨の為、パレードはやっていなかったけれども、これだけ回れれば、本当に楽しめますね~
子供なしで、友達と行くのも良いものです。

-春休み・卒業式前の平日、できれば雨模様?の3月初旬-
が皆様、すいていてお勧めですよ♪

     いつか、みんなで行こうネ~♪
[PR]
by madamkayo | 2006-04-08 00:44 | 日記