Madam.Kayoのひとり言


by madamkayo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2005年 12月 ( 5 )   > この月の画像一覧

同窓会

恒例、KT高校・年末同窓会が、12月29日にありました。
a0044166_145578.jpg

三宅くんが、オーナー・シェフとして営む、『仏蘭西料理店・ミルフィーユ』
京成・みどり台駅、徒歩2分で着く、とてもシャレた素敵なお店です。
年下の可愛い働き物の奥様と、きりもりしていらっしゃいます。

同窓会は、いつもバイキング形式で、美味しいご馳走を自由に楽しめる雰囲気にしてくれています。これも、三宅くんの、優しさですね。
a0044166_1463186.jpg












(手前から)鶏肉ソテートマトソース添え・ピラフ・おでん風煮込み・魚介のドリア・クリームパイと、絶品料理ばかり。
淀ねぇさんも、ご満悦で、お皿にもっていきます。
最近、同窓会と言うより、このお料理が楽しみで、毎年集まっている感じです。
他の女性も「このドリアを食べるのが、楽しみなのヨ♪」なんて言っていました。
a0044166_1485291.jpg












ご自慢の、マグロの兜焼き。焼きたてを持って来て下さり、特性しょうゆに付けて食べるとこれまた絶品です。DHAがいっぱい取れて、これ以上頭良くなったら、どうしよ~・・・あっ、KT高校だから、たかが知れてるね(笑)
a0044166_1492041.jpg












羊のローストが中盤で、出てきました~。
柔らかくて、ジューシーで、それでいて脂っこくなくさっぱりしていて、
ソースもなんとも奥深くて美味しかったです~

・・・て、お料理の事ばかり^^;

いえいえ、お話しも盛り上がってましたよぉ♪
a0044166_1494793.jpg












男性陣の話題は、接待ゴルフ・単身赴任・老眼鏡・リストラ・50肩・・・・
な~んか、ちょっと疲れて来た、中年おじ様の感は否めなかったかな?

a0044166_150664.jpg












女性陣の話題は、今年行ったライブ・子育て・運動会・再婚・疲れた旦那・半強制的に旦那から貰ったダイア?など等・・・
やっぱり、女性の方が、年々元気でパワーアップしてるかもぉ~!♪(笑)

a0044166_1503863.jpg

そして、おしゃべりも、後半になった頃、もうひとつの楽しみ「ケーキ」が出てきました。
これまた、美味しいのっ!別腹に入る入る!ちなみに、このお手々は淀ねぇさんですぅ。
左上から・焼きプリンのような甘くて美味しいケーキ(これが私一番好き)、左下・濃厚なチョコレートとクルミのケーキ、右下・香ばしいクルミのタルト、右上・さっぱりとした酸味がある苺のムース♪

あ~美味しかった♪おなかもいっぱい!これで、満足満足!
と言うわけで、ご満足な元気印の女性陣で、写真を一枚パチリ☆
「今度、KT高校の文化祭に行こうよ!保護者のふりして。ウォーターボーイもいるらしいよ」との事で、無事お開きになりました。
a0044166_154048.jpg

シェフの三宅くん、それに奥様、それから取りまとめて下さった健太郎君、ありがとうございました!
さつきが丘のメンバーも、いつか顔を出してネ♪^^/
[PR]
by madamkayo | 2005-12-30 01:51 | 同窓会

~ 餃子 ~

寒い日が続きますね。
こんな時は、身体を温める、生姜・ニンニクを沢山とると風邪予防にもなって良いですよぉ~
今回は、餃子の作り方を紹介しま~す。主婦の皆さんはご存知だと思いますが、その家々で違ったりしますから、よかったらご覧になって下さーい^^

(餃子・約70個分)a0044166_2159784.jpg













ひき肉   500~600g 

キャベツ:1/4個位 白菜:1/8個位 ニラ:一束
それぞれみじん切り

ニンニク・生姜のすったもの : 各・約大さじ1~2杯(にんにく:瓶詰めでも)

塩コショウ ・ 酒 :  少々(お肉にかけるようにして)

醤油 ・ あればオイスターソース : 少々

(隠し味)味噌・蜂蜜 : 各・小さじ一杯半位

ごま油・ : 大さじ2杯位(一緒に混ぜる分)

白ゴマ : 大さじ1杯半位

いつも、目分量なので、正確な分量がわからなくてすみません。


a0044166_21593682.jpg












風邪をひきそうな時は、生姜やニンニクを多めに入れても大丈夫です。
隠し味は、味噌と蜂蜜!
これで美味しくなっちゃいます。
でも蜂蜜を入れすぎると甘い餃子になっちゃうので、お気をつけて。

風味付けにゴマ油と、白ゴマを。
白ゴマは入れる前に、手のひらで、するようにつぶしていれると風味が増して、カルシウムなどの栄養がとれていいですよ。(ゴマはすらないと、消化されないそうです)

キャベツなど混ぜればカサがなくなるので、野菜類は多めに使っちゃいましょう。
野菜嫌いなお子さんもこれなら知らず知らず食べちゃいますよね。

a0044166_2212441.jpg












焼く時は、温めたフライパンにサラダ油をひいて、包んだ餃子を並べ、
少し焼きめが付いた頃にコップ半分位の水を入れて蓋をします。
この後は、蒸し焼きにして、中火でジックリと焼きます。
水がほとんどなくなって、いい色になったら、蓋をとって、
ここがポイント!
焼きの最後は、強火にして、
周りからと餃子の間の縦列にゴマ油(サラダ油でも)を
まわし入れ、フライパンをゆすりながら焼きます。
そうすると、パリッと焼き上がりますよ!

お時間がある時、頑張って作ってみてくださ~い!
a0044166_2041554.jpg

[PR]
by madamkayo | 2005-12-23 22:02 | 料理
 私は、ブログに書こうと思って、曲数を数えて来た。
14曲目。『栞のテーマ』だ!先日、くしくも専務と演奏した曲。何だか他人の曲?とは思えない。CDで聴くより、ゆっくりとした出だしで始まった。そうそう・・そんな感じ。もう、自分は、原坊になったような錯覚を覚える。原坊が「恋は~言葉~じゃなく~♪ふ・たりだけのーStory~」とキーを弾きながらコーラスする姿がスクリーンに映し出される。私は原坊に釘付けになってしまった。一緒に首を振りながら、思いっきりその場ではもる。

a0044166_22593211.jpg 専務の声は歌うと、しゃがれた声で本当に桑田佳祐そっくりだ!奥様達が「専務に明日、そっくりでしたよ!と言ってあげなさいヨ♪」と言われた。そう言えば、今日専務はまたまた仕事がお忙しくてコンサートどころじゃなかった。生粋のメチャクチャなファンなのに見に来れないのが、ちょっと気の毒になった。

 そうこう思っているうちにすぐに次の曲が続けて始まった。
Bye Bye My Love」ひょえ~~!あまりにも有名なイントロ!軽快なシンセのパイプオルガンのような音を聴いたとたんに、私の背中と腕に電気が走った。凄い!観客を決して裏切らない演奏!
 
 そして、今回の新アルバムの「キラーストリート」からのまた楽曲が続く。
「からっぽのブルース」「恋するレスポール」「夢と魔法の国」「キラーストリート」
「限りなき永久の愛」「ロックンロールスパーマン」
 
 あぁ~、こんな事なら、「キラーストリート」のアルバムを購入して聴いておくのだったと悔やまれる。チケットを取って下さった、ヘビーファンでもある女性社員さんは、しっかりその辺は予習していたので、酔いしれる事が出来たと、後日言っていた。
 
 a0044166_230962.jpg おぉ~黒い風船が前から現れて一列に並んだと思ったら、今度はアリーナの中央天井から何百と言う無数の白い風船が降って来た。
 残念ながら、中央に集中して、私達左サイドの上空からは降ってこない。おこぼれを頂戴するために、私はさっきまで、足が痛くて少し席に座っていたけれども通路に出て風船を取りに行った。またしてもトロくて取る事ができない。
 その時、奥様とパートのおば様が、通路に落っこちていた風船をとって下さり、私に渡してくれた。私は主人から、風船をお土産にとって来てね♪と朝の番組でサザンのコンサートの模様を見ながら言われていたので、とても嬉しかった。風船には今回のコンサートのテーマである『みんなが好きです!』とプリントされていた。だから桑田さんがMCでよく「みんなが好きでーす!」と口にしているんだぁ~と今更わかったりした。
 
 通路に出たまま席に戻れないでいると、にわかに次の曲「ミス・ブランニュー・デイ」が勢い良く始まる。観客は興奮の絶頂に上りつめたように、手にした風船を頭の上で振る。私も座っちゃられないとばかり、痛みも曲順も忘れてその場で手を振り続ける。

 「マチルダBaby」「イエローマン」とテンポの良い曲がたたみかけるように続き、また桑田佳祐の顔がスクリーンにアップで映し出される。
「日の出で~す!変体で~す!見るからに変体で~す!」と自分で言っている顔は、良く見ると、逆立ちしたダンサーのお姉ちゃんの開いた股の間から出しているではないか・・!!
a0044166_231955.jpg
 そして「BOHBO No.5」が多数の若いお姉ちゃんダンサーの踊りと共に始まった。お姉ちゃん達はヘソだしルックで、腰が同じ人間かしら?と思えるほどの、一秒間に何回振動してくねらせているのだろうと思う、エロシズムの極みのようなダンスを若さ溢れんばかりに、サザンのサウンドと共に弾けさせていた。

 火あり花火ありの派手な演出!席の近さゆえ炎の熱ささえも肌に感じる。幾度も続く花火の「バーン!バーン!」と言う爆音に驚きながらも、興奮のるつぼに私はのまれていた。
 
 この曲が終わると、サザンのメンバー達は、さっと引き込んでしまった。でも、これで終わるはずがない。観客は「アンコール・アンコール!」の呼び声を続け、ウエーブを端から起こし、サザンがふたたび現れるのを待った。

 何回かのウエーブが終わった頃、サザンオールスターズのメンバーが戻って来た。みんなTシャツに着替えていた。今度のテーマの「みんなが好きです!」のプリントをしてあるTシャツだ。
 
 アンコールが始まった。
「ラ~ラ~ラ~ラ・ラ・ラ・・♪」の叫び声ではじまるデビュー曲
勝手にシンドバット』だ!
 こ・これこそ、私達の青春を思い出させてくれるような曲!
さっきまで、スローライフを口に出していた桑田さんと思えないほどの、27年前と同じ姿で歌う。ドラムのひろしさんも、ベースの関口さんも、少し顔はおじさんっぽくなったけれども、当時と変わらない若さを放っていた。
 
 そしてアンコールの『TSUNAMI』!
「本当は~見た目以上~涙もろい過去がある~♪・・」そうなのよ、そうなのよぉ・・と心うつ詩が続く。前の席の50代の夫婦も、風船をちょっとお行儀悪く勢い良く取っていた若者も、先程から幼稚園位の寝てしまったわが子を抱きっぱなしのお父さんも、そのお父さんをほったらかしで小学生の子を椅子に乗せて見入っているお母さんも、そして私達おばさん軍団も、初恋の人を・昔の恋人を・はたまた恋しい誰かを思い、あたかも昨日失恋したかのような切ない気持ちになり、いっしょに口ずさむ。桑田さんの歌声に混ざって、観客の歌声もこだまとなって聴こえて来る。
 
 凄い!さっきまで、ハチャメチャなエロシズムを展開していたのに、身体だけでなく今度は心のヒダまでくすぐり涙を誘う、サザンオールスターズ・桑田佳祐の世界!
 
 「LOVE AFFAIR(秘密のデート)」が、優しいメロディーで始まる。桑田さんがやっと動き始めた。向かって右サイドに歌いながら歩いて行く。にわかに観客がざわめく。今度は、私達の左サイドに来た。顔がはっきり見えた!桑田さんは、口とは裏腹に何度もお辞儀をして、来てくれてありがとうと言う謙虚な顔で歌い続ける。
最後のナンバー「心を込めて花束を」をしっとりと歌いあげ、メンバー達と右・左とまた来ては何度もお辞儀をして、手を振り去って行った。


 あ~良かったぁ!久々の感動だった。私は、一夜にして、ヘビーファンになっていた。
後日、ファンの女性社員に聞いた所、今回のツアーは今までのコンサートで一番のできだったとか・・・良いものを見せていただいた。本当に、ありがとうございました。

 また、足をひきずり、ひょこたんひょこたんと帰る。

 次の朝、足は象のように腫れ、歩けない・・・あえなく会社を休む。
更に次の日、会社に行くと専務に「なんだ、ドームで将棋倒しになったんじゃないのかぁ」と笑われる。会社で怪我したなんて、かっこ悪い。怪我していなければ、ハリ村君と見に行ったポールのコンサートの時のようにパンプスが壊れるほど騒いだのに・・・
 トホホのホ・・・・                    (終わり)
a0044166_232572.jpg
      
[PR]
by madamkayo | 2005-12-09 23:04 | ライブ・レポート
行って来ました!見て来ました!
            サザンオールスターズ・ライブコンサート!!!

 12月3日(土)
a0044166_23113439.jpg

 ある夏の日、会社のサザンを毎回見に行っている女性社員さんが、なんと一緒にチケットをとってくれると、社長の奥様から電話連絡があった。でも、チケット8,000円。万年金欠病の私には、き・きつい。どうしよう・・と迷っていると、奥様が「行くの・行かないの?どっち~~?お金だったら立替えてあげるから」と言って下さり思わず「ハ・ハイ、行きます」と返事させていただいた。

 まだまだと思っていたこの日が、とうとうやって来た。
会社の仕事を15時前に終わらせた。早く着替えなくては・・と会社の駐車場の自分の車に急いで洋服を取りに行った時の事。会社の外階段を勢い良く降りて車に・・・のはず、一瞬、空中を飛んだ。階段を踏み外して、すっころんでしまったのだ。右足首を、グギッ!・・・こ・こんな大事な時に~!這ってでも行くぞぉ~~!
びっこをひきながら、錦糸町で乗り換え、やっとの事で、水道橋に。
a0044166_2318696.jpg会社でも、酒豪・・じゃなかった、お酒をこよなく愛する3人。社長の奥様・パートのおば様・在宅の女性社員。ちょっと一杯ひっかけて行くと言うわりには、ビールから始まり地酒まで飲むわ飲むわ。私もウーロンハイだけつきあった。失敗した。足にジンジン響いて来たワ。

ドーム前の設立されている、グッズ・主にTシャツを扱っている売り場に立ち寄る。みんな、子供や孫まで、Tシャツを買ってあげていた。私は、パンフレットだけ記念に購入。

  a0044166_23132481.jpg
 もう、18時になっていた。席は、アリーナの一番左・Aブロック、前から何と7番目!!チケットを取って下さった方は、明日行くとの事。思わず心の中で感謝感謝!
 席について、すぐに暗くなり、18時30分、開演!始まった~!

 
 あ~、出てきた出てきた、サザンオールスターズ。
桑田佳祐だっ!覚めるようなオレンジ色のTシャツとGパン。手を振りながら彼の定位置に付く。原由子はどこだろう?残念ながら、左の機材に隠れて頭のてっぺんだけしか見えない。
 
 勢い良く、オープニングの「Big Star Blues」が始まった。
ひや~、凄い音量。重厚感。

 「My Foreplay Music」とすぐに続き、3曲目の「希望の轍」の原坊のキーから始まる前奏を聴いた時に、早くもアドレナリンが噴出しそうになった。当たり前だけれども、原曲と同じ~!

 さ、流石だわ!それに、スクリーンに映し出される原坊は、綺麗でかっこいい!この日は、赤い光ってスルスル滑らかな生地の真っ赤なスーツ。5分ほどの袖の縁は黒色、中の胸が少しあいたシャツも、首のネックレスも黒でコーディネイトされている。こんなにかっこ良い原坊を見たのは、と言うか感じたのは初めてだった。

 桑田さんの、MCが入る。「皆さん、寒い所ありがと~!え~、私も大台に入ります。60歳じゃなですよぉ。ずっと立っていてくれてありがとう。たまには、座って下さいね。お互い若くないのですから、無理をしないようにしましょう!スローライブ・スローライフ。え~、今日はこうゆうふうに喋ってばかりいて、曲は賞味30分で終わらそうかと思います。(笑)みんなが好きでーす!!エ~イ!昔みたいに、1・2・3・4!と勢い良く始めません。身体に悪いですからねぇ。スローライフ。雅に行きましょう。ひい・ふう・みい・よぉ!」
とまた、曲が続く。
 
 「神の島遥か国」「セイシェル」「愛と死の輪舞」「JUMP」「愛と欲望の日々」「別離」「ごめんよ僕が馬鹿だった」「リボンの騎士」
と、その曲にあった演出が施される。女性が踊るシルエットが出たり、南の島の映像が一面に映し出されたり、ピエロのパントマイムの子が踊ったりと、観客を飽きさせない。
 新曲などは、字幕が出たりしていた。桑田さんの詩は、聞き取りにくいとよく言われたけれども、日本語を英語のように響かせる、不思議が魅力がある。

 「You」「海」と名曲が続く。詩とメロディーが心に沁みてくる。
私はもしかしたら、潜在的なサザンのファンだっただけでなく、ヘビーファンではないかと思わせる、万民を魅了させるサウンドに包まれていた。
a0044166_231556.jpg

                                    (つづく)
[PR]
by madamkayo | 2005-12-05 23:09 | ライブ・レポート

忘年会旅行・後編

 駆け足のような大宴会が終わり、皆それぞれ2次会の場所へ移動した。
若手の社員と大工さん達を中心とした血気盛んなグループは、お姉ちゃん達が沢山いる飲み屋さんへ。私達女性人は、そんな所に行ってもしようがないので、自分達の部屋で、持ち込んだワインと乾き物のおつまみを食べる事にしていた。

 でも、他の業者さん達と、社長を中心とする幹部達が行く、ホテル内のカラオケ場に、女性人もちょっとだけ顔を出してほしいと言う業務命令が出てしまった。ちょっとだけと言うのが、いつもくせ者かもしれない。

 宴会場から浴衣のままカラオケ場に行くとそこだけ外のお店に行ったような別世界であった。
業者会の幹事さん達でもあるアルミ屋さんと電気屋さんもいらっしゃった。今回は、全体を見ていなければならないので、外にはさすがに行くのを控えられたようだ。この方々は専務から聞く所によると夜の帝王の異名を持つ方々で、私より少し年上でらっしゃるけれども、昔、いい男だったのではないかと言うなごりが見られる。それを言うと、「君は何か誤解をしている。僕は真面目だよ。」と言うので「確かな情報です」とお返事させていただいた。

 その滅多に、私達おばちゃん事務員と遊んで下さらない夜の帝王達に囲まれて、ちょっとのつもりが、気がつけば夜の11時過ぎになっていた。部屋に帰ろうと思ったけれども、アルミ屋さんが、どうしてもルクプルの『陽だまりの歌』を一緒に歌いたいとおっしゃった。どうにも、クールなそのお顔立ちと超低音のお声にはふつりあいの選曲ではないか・・?どう見ても「東京ナイトクラブ」だ!でも、思わぬ楽しい時を過ごせられた。

 ひとしきり歌い、部屋に戻り、私達女性人はまたお風呂に入る事にした。今度は、ゆっくりと時間を気にせず入れる。先程、一緒に入った時は、少し恥ずかしいのもあり、肌を隠しぎみであったけれども、2回目になるとお互い堂々としたものになってきた。
 同じ女性同士、大きさ色など少しの違いこそあれ、付いている個数など同じなのであるからにして、恥ずかしがってもしょうがない。それに皆、生娘でなく子供を産んだ母親でもある。
 
a0044166_0304672.jpg

  今度は、上層階の露天風呂に行ってみた。他のお客様がいないので、私達4人のおばちゃん達の貸切状態となっていた。社長の奥様と、会社のパートのおば様、それから唯一関係会社の女性出席者の若手女性と、そして私だけで、露天風呂を満喫した。

 外には、夜の静かな海が広がり、空には星が散りばめられていた。いつも仕事バリバリのキャリアウーマンのその関係会社の30代の女性が私に向かって「○○さん!空を見て下さいよ。星が広がっていますよ。」と叫んだ。いつものキャリアウーマンの顔から、お互いスッピンになってプライベートの顔で夜空を見上げるとオリオン座が見えた。なんて贅沢であろう・・・ママだけがこんな贅沢を味わっていいのかしら・・と家に残して来た家族の事を思い出した。

 そんな時だった。いつもにこやかで、支店のオアシスと呼ばれているパートのおば様が何だか怒っている。どうも、夕飯の仕度をちゃんとして来たのに、先程ご主人様から「なんで柿をむいていないんだ?」と携帯に連絡があったらしい。「こんな事くらいで!」と、その白いもち肌からと、頭から、湯気が怒りと共に噴出していた。
 「でも、ちゃんと作ってくるのだから、偉いわよ。今、コンビニ弁当で済ませる奥さんも多いのに。愛情があるのよ」「そうよ、それに旦那さんも寂しいのよ」と、他の三人も湯船に入ったり、のぼせそうになるのでまた出ては囲いの所に腰掛けてみたりを繰り返し、湯気をお互い放ちながら、少しピンク色になった頬で、結婚とは・・愛情とは・・と言う課題で話し合った。
 太きも細きも、星明りにほのかに照らされて、その白き肌は、いずれも同姓から見ても綺麗であった。


 部屋に戻って、夜中の12時過ぎになっていた。先程からの「柿事件?」でまだ怒りが収まらないのか、おば様に「せっかく持って来たのだから」とワインをすすめられた。でも、どうにもこうにも、身体がもうお酒を受け付けなかった。

 だれよりも先に布団に入ったのに寝られない・・・私は、お酒を飲むと頭痛がして、動悸が早くなる。ドキドキ・・そのうち、皆女性達は寝息を、中には豪快に立てて寝始めていた。気がつけば夜中の2時半過ぎだった。「何かを飲まなくては・・お茶が暗くてどこにあるかわからない。隣の社長の奥様を起こしてしまう。。。そうだ、朝、飲もうと思って持って来たヤクルトがあった」と鞄をガサガサ、ヤクルトを夜中にチューチューと吸って、やっと安心したのか眠りに付いた。

 朝は、ホテルのバイキングの朝食。どうして、こう言う所に来ると、朝食が美味しいのでしょうね。ご飯に味噌汁・納豆・鯵の干物・大根おろし・煮物におひたし・・と沢山とってしまった。

 a0044166_0365986.jpg帰りは、朝の散歩がてらに、そばにある『誕生寺』にお参りに立ち寄った。


 




 





 a0044166_0373048.jpgおみくじをひくと「吉・仕事など頑張れば成果が見られる。失せ物出でず。
待ち人来たり」やっぱり、あの無くしたレシートは見つからないかぁ・・・えっ?誰が来るの?

 お土産は、これよね~。大好きな『鯛せんべい』となぜか好物の『うにくらげ』も買ってきちゃいました。
a0044166_0383023.jpg

 お疲れ様でした~~!!!
[PR]
by madamkayo | 2005-12-03 00:35 | 日記