Madam.Kayoのひとり言


by madamkayo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

カテゴリ:料理( 7 )

~ 春巻き ~

暑い日が続きますね。
今日は、春巻きをご紹介します。

ちょっと手間がかかりますが、揚げたての春巻き、美味しいですよ~
a0044166_0194865.jpg

〔材料〕
春巻きの皮(10枚入り)
豚肉(350g位・中1パック)
竹の子の水煮・・・1個(細切りの袋だったら1~2袋位)
椎茸・・・4~6個位
長ネギ・・・1~1本半位
生姜・・・適量(小さめだったら1カケ)
塩・コショウ・醤油・酒・・・少々
中華の素顆粒・・・小さじ1杯~2杯
オイスターソース・・・小さじ2杯位
砂糖・・・小さじ1杯~1杯半位
片栗粉・小麦粉・カラシ・・・適量
a0044166_11174.jpg

豚肉は、肩ロースなど少し脂を含む薄切り肉を用意して下さい。コマ肉でもOKです。
細切りにして、醤油と酒・塩コショウで下味を付けておきます。炒める前に、片栗粉を混ぜて少しこねます。

生姜・竹の子の水煮、椎茸(エリンギなどでもOK)、野菜類も細切りにします。

中華鍋にサラダ油を敷いて、生姜の細切り(たっぷりめ)を入れてから、火をかけ(焦げない為に油と生姜を入れてから)、中火で生姜の香りが出るまで炒め、生姜を炒め過ぎない前に強火にして先程の豚肉を入れます。
a0044166_19668.jpg

豚肉が炒まったら、竹の子・椎茸を入れ、塩コショウ・中華の素顆粒・オイスターソースを入れて、竹の子など、味を含むように炒め、酒少々も加えます。(合わせ調味料が苦手なので・・・調味料を入れる時は、火を弱めてからたすと、こげ防止になります)
味を見ながら、醤油を入れ、隠し味に砂糖を入れます。水溶き片栗粉を入れるので、少し濃いめの方がいいかもしれません。

水溶き片栗粉を少しづつ入れ、余り水気が多くならないように、少し固めにします。

他の容器にうつして、荒熱をとります。
a0044166_0233927.jpg

のり付け用の、小麦粉を少しの水で溶かしておきます。

ひとつの角を手前にして、冷めた具を、真ん中より下目に置きます。
a0044166_0241746.jpg

手前から、少ししっかりと巻き、半分位巻いたら、左右を洋服を合わせるように合わせ、最後の角の所に、水で溶いた小麦粉を塗り、皮を付けます。
この時、巻きの後半は逆に弱めに少し空気が入るような感じで巻きます。
こうすると、中はジューシー、外はカリっと揚げられます。

皮があまりそうなので、他の物も包んでみました。
a0044166_0245291.jpg

この日は、冷蔵庫のありあわせで、ハムとチーズとネギ。簡単に三角に合わせます。


この時、具は入れすぎないように、注意して下さい。
揚げる時、中身が出てくると、油がはねるので、気を付けて下さいね。
a0044166_0251940.jpg

油は、180度位。
外の皮が揚がればいいので、個数の入れ過ぎにも気を付けて。

皮がやぶれないように、触り過ぎない程度に、1回だけ裏返しにして、皮に火が通ったら、出来上がりです。
a0044166_0255067.jpg

これは、揚げたてが美味しいので、お客様など来る時は、直前に巻き、目の前で揚げる位で調度いいと思います。
a0044166_0261223.jpg

和からしを付けてお召しあがり下さい。お好みで、お醤油も。
ちょっと、頑張りがきく、イベント事の時など、ぜひ挑戦して下さい!
ビールにあいますよ!♪
[PR]
by madamkayo | 2009-07-12 00:27 | 料理
少し遅れてしまいましたが、夏野菜の冬瓜の料理をご紹介させていただきます。
最近涼しくなってきましたが、未だ残暑が続くこのごろ。
疲れた胃腸に温かい一品を。
a0044166_024501.jpg

〔材料〕
冬瓜   1/4カットの物1個
鶏肉   200~300g(モモ肉がベター、ムネ肉・ササミでも可)
(だし汁・醤油・麺つゆ・砂糖・酒・片栗粉)

冬瓜は、種をとって、固い皮を剥いてしまえば、中身は柔らかくサクサクと切れます。
少し型崩れするので、ちょっと大きめに切った方が良いようです。
a0044166_0252178.jpg

少し深めの鍋に、7分目程に、だし汁(かつおダシ、または市販のダシの素を入れた物で充分)を入れ、水のうちから、切った冬瓜を入れて煮ていきます。
その後に、鶏肉を小さめにカットした物を入れて下さい。肉からもダシを取りたいので、温度が上がる前、一緒に入れても大丈夫です。
中火で、20~30分煮ます。冬瓜は、わりと早く柔らかくなります。
柔らかくなった頃に、味付けをしていきます。
調味料  ― 酒(少々)、麺つゆ(薄味に付ける程度)、醤油(ごく少量・色が付く程度)、砂糖(隠し味に小さじ1)。
a0044166_0255824.jpg

調味料を入れて3~5分さらに煮てから、味見をしてみて薄いようでしたら、ダシの素か、忙しい主婦の見方?・麺つゆを足して下さい。
スープのように、ダシはきいていながらも、全体的には薄めに味を付けて下さい。

煮えて味が調ったら、水溶き片栗粉で、トロミを付けましょう。
(水溶き片栗粉が入る分を計算して、少しだけ濃い目に味を付けておいて下さい)
おたまですくって流してみて、トロトロ・サラサラと流れる位の軽めにトロミを付けたら出来上がり♪
a0044166_0262469.jpg

簡単・早いで、忙しい主婦にはもってこいです♪
焼き魚などの献立の時に付けたすと、汁物or煮物の代わりにもなります。
我が家では、鍋のままテーブルに出して、それぞれ小鉢に好きにとって貰っています。
その方が、温かいままずっといただけます。冬瓜がトロトロと柔らかくてホッとします。
疲れた胃腸と身体に優しい、一品です。
[PR]
by madamkayo | 2007-09-26 00:22 | 料理
暑い日が続きますね~
こんな日は、元気が出るような沖縄料理、ゴーヤチャンプルなんていかがですか?
ゴーヤが、思ったより扱い易くて、忙しい奥様にぴったり!?

a0044166_2238182.jpg

*材料*
ゴーヤ      1本
木綿豆腐    1丁
豚肉      300~400g位
椎茸など   5~6枚(なくてもOK)
卵       2~3個
塩・胡椒・だしの素・麺つゆ・かつお節

まず、ゴーヤは、半分に切って中の種をスプーンでくり抜きます。
ゴーヤは、思ったより柔らかく、包丁でサクサクと簡単に切れます。
急いでいる時は、キャベツなど切るより早いかも。

アクと苦味を抜く為に、スライスしたゴーヤを塩でもんで、水にさらしておきます。
苦味が大丈夫な人は、さらしておく時間は短時間でも大丈夫かも。私は、栄養が出てしまう気がして、ほんの3~4分しかさらしていません。だから、ちょっと苦い(笑)
お豆腐は軽く、水を切っておきましょう。
a0044166_22403212.jpg

中華鍋にサラダ油を少々敷いて、先に豚肉のスライスを強火で炒めます。
この時、塩コショウをふっておきます。
次に、豆腐も一緒に炒めます。
豆腐を軽く両面火を通したら、水を切ったゴーヤを入れて炒めます。
a0044166_2241283.jpg

ゴーヤに火が通るように、中火で。この時、だしの素を少々ふります。
半ば火が通ってきたら、麺つゆを入れます。
豆腐が余り崩れないように、そっと返して炒めていきます。
初め、ゴーヤが慣れない人は、炒め煮するようによく火を通した方がいいかも。
わが家は、苦味が慣れて来たので、シャリシャリ感を楽しんでいます。

最後に卵2個位を軽く割りほぐして、軽く絡めます。
卵が入ると、マイルドになって美味しくなります。
お好みで胡椒と、かつお節をふって下さい。
a0044166_22413072.jpg

15分位で出来てしまうので、ゴーヤさえ手に入れば、簡単!
肉は、ランチョンミート(スパム)でも鶏肉でもいいと思いますよ。
ゴーヤも150~198円位で手に入ると思います。

栄養満点の料理で、暑い夏を乗り越えましょう!
[PR]
by madamkayo | 2007-07-15 22:42 | 料理

~ ポトフ ~

今日は、身体に優しくて温まる、ポトフをご紹介いたします。

〈材料〉 4~5人前

      きゃべつ       半分~1個
      ジャガイモ       3~4個
      人参           1~2本
      玉ねぎ          2~3個
      豚バラブロック    500~700g位
      ソーセージ       1袋位
      コンソメ         1~2個
      塩・コショウ・ローリエの葉・黒コショウ
a0044166_22374789.jpg

ジャガイモ・人参は乱切り
玉ねぎは8等分位
キャベツも8等分位を目安に切り、バラバラにならないように、芯を少し残して付けておくといいですよ。
豚バラブロックも大きめに切り、塩コショウをしておく。
a0044166_22382086.jpg

大なべに半分~3/4位の水(多めに入れると野菜から水分が出る場合があるので注意)に、塩を少々・コンソメを入れ、沸騰する前の水のうちからでもいいので、
人参・肉・玉ねぎ・ソーセージ・じゃがいもの順で、どんどん入れていきます。
忙しい時は、鍋を火にかけながら、切りながらどんどん入れていっても   
充分間に合って、早くできますよ~
じゃがいもは、溶けてしまう時があるので、後の方でいれましょう。
a0044166_22385513.jpg

ローリエの葉を、香り付けに入れましょう。
これを入れると入れないとでは、大違い。おっしゃれ~な料理に大変身です。
葉は切れ目を入れると、香りがより一層出ます。
a0044166_22392181.jpg

肉などのアクをとったら、キャベツを上に敷き詰めるように入れます。
火が通れば縮まるので、多めにいれても大丈夫。
火が通りにくい芯の部分を下にしましょう。
キャベツが早く縮むように、塩を少々上からふり、蓋をします。
火は最初少し強火で、沸騰する手前位で、中火~弱火にして、、コトコトと40分~1時間位煮込みます。
キャベツが柔らかくなれば出来上がりです。味をみて、塩コショウで味を調えましょう。
でも、薄味で仕上げた方が、野菜の甘味がわかって、優しい味に仕上がります。
お好みで、黒コショウをふって下さい。
a0044166_22393894.jpg

胃腸が疲れている時、風邪などをひいた、病中病後におすすめです。
[PR]
by madamkayo | 2007-01-27 22:54 | 料理

~ モツの煮込み ~

今回は、ちょっとお疲れ気味の夏バテ後の体と、少し涼しくなった季節にピッタリ♪
モツの煮込みのご紹介~

〈 材 料 〉
4~6人分

白モツ(豚でも牛でも)  400~500g位(中2パック)
生姜           スライス5枚~7枚
にんにく          スライス・お好み
大根           1/3~1/4本
人参           中・1本位
こんにゃく         1個
木綿豆腐        1丁
味噌            適量
酒              〃
だしの本           〃
長ネギ           少々
七味唐辛子        〃

1. モツは煮込み前に、必ず、下茹でをして下さい。
   沸騰したお湯に、モツを入れて、軽く茹でて、お湯を捨てて下さい。
   ※モツは臭みと油があるので、かならず下茹でをして下さい。
    これをするとしないとでは、出来上がりが大違いです。
    脂っこさがなくなるだけでなく、柔らかく味が染みます。
a0044166_0561097.jpg

2. 更に臭みを消すために、生姜のスライスを一緒に入れて、煮込みます。
   お好みで、ニンニクのスライスを何枚か入れても、滋養強壮にグッドです。
   
3. 水とだしの本を入れて、適当な厚さに切った大根と人参から入れます。  
   沸騰してきたら、また、アクをとって、酒を少量、入れます。
a0044166_0565337.jpg

4. 大根・人参に火が通ったら、こんにゃくと、豆腐を入れます。
   こんにゃくは、肉類と一緒にいれると、お肉が硬くなるので、後半に入れます。 
   手でちぎって、アク抜きの為に、お湯に少しつけておきます。
   豆腐も早めに入れると、硬くなってしまうので、この頃入れましょう。
a0044166_0571557.jpg

5. 充分煮えてきたら、最後にお味噌を入れます。
   柔らかくしたい場合は、何時間かコトコト煮るか、
   もしくは前日作っておいて、次の日が食べ頃です。
a0044166_0575284.jpg

6. できあがり~!
   薬味は、長ネギのみじん切りと、一味か七味唐辛子を。
   (この日は、アサリのニンニク酒蒸しもありました)
a0044166_0581725.jpg

   これは、男の方でも、覚えてしまうと簡単だと思いますよ。
   残ったら、冷蔵庫に入れて、また温め直せば、美味しくいただけるので、
   お酒のともにも、どうぞ~
   ビール・焼酎・日本酒、なんでも合います。もちろん、ごはんにも。

   ちょっと冷えて来た晩に、おすすめです^^
[PR]
by madamkayo | 2006-09-14 01:01 | 料理

~ ワンタンメン ~

今日は、身体が温まる、ワンタンメンをご紹介しま~す。

奥様、思ったより簡単・安く・間違いなく美味しくできますよ~ん。


〔材料〕
      鶏がら・生姜・長ネギ・たまねぎ・お醤油
      
      豚ひき肉・ワンタンの皮・生ラーメンとそのスープ・メンマのもと
a0044166_23401799.jpg


 〔鶏がらスープづくり〕
      
   なべに水を9割位入れ、水の段階から下記のものをそっと入れます。
      
      鶏がら - 1匹分(少し洗って)
      生姜 - スライス 5枚~7枚      
      玉ねぎ - 1個 ・・・ 根元と芽をとり
                 (臭みが出る場合があるので)半分に切った物
      長ネギ - 上の緑の使わない部分などを、良く洗ってそのまま

   これらの材料を入れて、沸騰の手前くらいで、アクをとりながら、
   40分~1時間煮ます。

 ○メンマは、煮物を作る要領で煮て、最後にごま油とラー油をからめます
a0044166_23434366.jpg



〔ワンタンの包み方〕

     ワンタンを包んでおきます。
     
     麺が付く時は、ひとり15個~20個。
     ワンタンだけの時は、25個位見当で作ります。

     小さなスプーンか箸で、少しだけ豚挽き肉をとり、
     ワンタンの皮の一角に少し丸め込み
     半分くらいいったら、着物を着せるように右左と合わせます。
     
     スープとは別の大なべに、ゆでる為のお湯を沸かしておきましょう。
a0044166_23512232.jpg


 
 〔味付け〕

     奥様、必見です。簡単、間違いなし!!
     市販の生ラーメンの、醤油スープを使っちゃいましょう。

     でも、全部でなく、半分をどんぶりに入れ、
     その1.5倍~2倍くらいの醤油を足します。

     長ネギのみじん切りも一緒に。

     沸かしているスープに入れ込むと、醤油の香りが飛んでしまうので、
     直前にスープを合わせるのがベターです。  
a0044166_23562033.jpg


 〔麺とワンタンをゆでる〕

   スープをそのままコトコトと温めている横で、
   沸かしておいた大なべで麺とワンタンをゆでます。
   ワンタンはすぐに茹で上がってしまうので、麺からゆでましょう。
   麺は、1回水を差して、7割位ゆでたら、
   ワンタンを同じなべに入れ、ゆでます。

   その間に、お醤油と長ネギを入れたラーメンどんぶりに、
   鶏がらスープを入れて、スタンバッテおきます。

   ワンタンは、透き通って、浮いてきたら火が通っています。
   急いで、スープが入ったどんぶりに、麺からお湯を切っていれ、
   ワンタンをのせます。

   お好みで、めんまと、茹でたほうれん草をどうぞ!

   
a0044166_2359481.jpg
  

※風邪ひきさんには、スープに生姜のスライスを多めに入れて下さい!
  息子が風邪をひいた時は、もっぱらこれでした^^
[PR]
by madamkayo | 2006-02-22 23:36 | 料理

~ 餃子 ~

寒い日が続きますね。
こんな時は、身体を温める、生姜・ニンニクを沢山とると風邪予防にもなって良いですよぉ~
今回は、餃子の作り方を紹介しま~す。主婦の皆さんはご存知だと思いますが、その家々で違ったりしますから、よかったらご覧になって下さーい^^

(餃子・約70個分)a0044166_2159784.jpg













ひき肉   500~600g 

キャベツ:1/4個位 白菜:1/8個位 ニラ:一束
それぞれみじん切り

ニンニク・生姜のすったもの : 各・約大さじ1~2杯(にんにく:瓶詰めでも)

塩コショウ ・ 酒 :  少々(お肉にかけるようにして)

醤油 ・ あればオイスターソース : 少々

(隠し味)味噌・蜂蜜 : 各・小さじ一杯半位

ごま油・ : 大さじ2杯位(一緒に混ぜる分)

白ゴマ : 大さじ1杯半位

いつも、目分量なので、正確な分量がわからなくてすみません。


a0044166_21593682.jpg












風邪をひきそうな時は、生姜やニンニクを多めに入れても大丈夫です。
隠し味は、味噌と蜂蜜!
これで美味しくなっちゃいます。
でも蜂蜜を入れすぎると甘い餃子になっちゃうので、お気をつけて。

風味付けにゴマ油と、白ゴマを。
白ゴマは入れる前に、手のひらで、するようにつぶしていれると風味が増して、カルシウムなどの栄養がとれていいですよ。(ゴマはすらないと、消化されないそうです)

キャベツなど混ぜればカサがなくなるので、野菜類は多めに使っちゃいましょう。
野菜嫌いなお子さんもこれなら知らず知らず食べちゃいますよね。

a0044166_2212441.jpg












焼く時は、温めたフライパンにサラダ油をひいて、包んだ餃子を並べ、
少し焼きめが付いた頃にコップ半分位の水を入れて蓋をします。
この後は、蒸し焼きにして、中火でジックリと焼きます。
水がほとんどなくなって、いい色になったら、蓋をとって、
ここがポイント!
焼きの最後は、強火にして、
周りからと餃子の間の縦列にゴマ油(サラダ油でも)を
まわし入れ、フライパンをゆすりながら焼きます。
そうすると、パリッと焼き上がりますよ!

お時間がある時、頑張って作ってみてくださ~い!
a0044166_2041554.jpg

[PR]
by madamkayo | 2005-12-23 22:02 | 料理