Madam.Kayoのひとり言


by madamkayo
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

バトミントンを始めました

会社の仕事関係の知り合いの方が募った、バトミントン・サークルに最近入れていただきました。
そのリーダーの方は、もちろんバトミントン経験者。会社関係から、他のサークルの方、同級生の方と無差別に声をかけ、だんだん輪が広がって来ました。

週に1回。アフター5と言うより、夜の7時半頃~。私は9時まで。他の人は10時位まで楽しんで行くのです。
場所は、とある小学校の体育館をお借りして。
小学校の裏庭に車を止めて、その中でモソモソと体育着に着替えて、いざ出陣!

みなさん、上手な方ばかり。
私は、初心者のへたっぴ中年女。でも、いいんです、美容と健康の為に。
何よりもストレス発散かな?

なかなか私だけ上達できず、リーダーの方が、「○○さん、マンツーマンでやりましょう」と、毎回教えて下さいます。
何度も大きく打つ練習から、スマッシュ、ネットぎわの小さい玉出し?まで。
五井の○ーカドーで、1万いくらのを半額で買った、私のGosenのラケットがうなるっ!!・・・?
いえ、これがうならない・・・。カチン・コチンとフレームにあたっているのか、皆が、シュッシュ!と良い音を鳴らして打っている中、中年女のラケットの音がさえましぇん。
a0044166_23455018.jpg

またまた、素振りの特訓。腕の稼働率が悪いと言われますが・・・あの~、40肩なんですぅ~。20代、30代に混じって、キツイよ~^^;

社長のお嬢様も、経験者でとても上手!双子の姉と、現役の頃はダブルスをやっていたほど。
身体いっぱいで打ち、フォームも美しい~。
「△△ちゃん、凄いね!」と言うと、「ストレスをぶつけてるんです。○○さんも嫌いな人の顔を思い浮かべて打つと、スッとしますよ」・・なるほど~

試合を、御曹司様や、そのお嬢様と組むと、私が足を引っ張って、負けてしまうのが申し訳ない、今日この頃。
a0044166_2346411.jpg

今回は「私がポジショニングを支持しますから」とお嬢様に言われる。
私はどちらが年上かわからない感じで素直に「ハイ」と返事。
「○○さん、小さく打った時は前へ」「私が右に言ったら、左に」とハイハイとポジションにドタバタと付くのが精一杯。
いざ、相手のスマッシュが飛んで来ると「キャー」とよける醜態。

そして2試合目は、初顔の高校生の男の子と組む事に。
何年か前までの息子のよう。
喜んでいるのもつかの間、現役10代の動きは更に凄い!
目にも止まらない速さで、羽に自分の身体が飛んで行くよう。
相手コートにいたリーダーも流石に苦戦をしている。
私は、速さに付いていけず、目をパチクリするばかり。
私が失敗すると「ドンマイ」なんつーって、言ってくれるから、おばさん嬉しくって。
彼の動きにつられて、私の身体もちょっと動けるようになって来た。40代なりにね・・♪

体育館の中も、この季節蒸すようで、汗を沢山かいた。あ~、気持ちいい!!
デスクワークの疲れは、やっぱり運動よね。でも、明日の、いえ、2日後の筋肉痛が恐いかな?
[PR]
by madamkayo | 2006-06-16 23:54 | 日記