Madam.Kayoのひとり言


by madamkayo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

サザンオールスターズLive Tour 2005(前編)

行って来ました!見て来ました!
            サザンオールスターズ・ライブコンサート!!!

 12月3日(土)
a0044166_23113439.jpg

 ある夏の日、会社のサザンを毎回見に行っている女性社員さんが、なんと一緒にチケットをとってくれると、社長の奥様から電話連絡があった。でも、チケット8,000円。万年金欠病の私には、き・きつい。どうしよう・・と迷っていると、奥様が「行くの・行かないの?どっち~~?お金だったら立替えてあげるから」と言って下さり思わず「ハ・ハイ、行きます」と返事させていただいた。

 まだまだと思っていたこの日が、とうとうやって来た。
会社の仕事を15時前に終わらせた。早く着替えなくては・・と会社の駐車場の自分の車に急いで洋服を取りに行った時の事。会社の外階段を勢い良く降りて車に・・・のはず、一瞬、空中を飛んだ。階段を踏み外して、すっころんでしまったのだ。右足首を、グギッ!・・・こ・こんな大事な時に~!這ってでも行くぞぉ~~!
びっこをひきながら、錦糸町で乗り換え、やっとの事で、水道橋に。
a0044166_2318696.jpg会社でも、酒豪・・じゃなかった、お酒をこよなく愛する3人。社長の奥様・パートのおば様・在宅の女性社員。ちょっと一杯ひっかけて行くと言うわりには、ビールから始まり地酒まで飲むわ飲むわ。私もウーロンハイだけつきあった。失敗した。足にジンジン響いて来たワ。

ドーム前の設立されている、グッズ・主にTシャツを扱っている売り場に立ち寄る。みんな、子供や孫まで、Tシャツを買ってあげていた。私は、パンフレットだけ記念に購入。

  a0044166_23132481.jpg
 もう、18時になっていた。席は、アリーナの一番左・Aブロック、前から何と7番目!!チケットを取って下さった方は、明日行くとの事。思わず心の中で感謝感謝!
 席について、すぐに暗くなり、18時30分、開演!始まった~!

 
 あ~、出てきた出てきた、サザンオールスターズ。
桑田佳祐だっ!覚めるようなオレンジ色のTシャツとGパン。手を振りながら彼の定位置に付く。原由子はどこだろう?残念ながら、左の機材に隠れて頭のてっぺんだけしか見えない。
 
 勢い良く、オープニングの「Big Star Blues」が始まった。
ひや~、凄い音量。重厚感。

 「My Foreplay Music」とすぐに続き、3曲目の「希望の轍」の原坊のキーから始まる前奏を聴いた時に、早くもアドレナリンが噴出しそうになった。当たり前だけれども、原曲と同じ~!

 さ、流石だわ!それに、スクリーンに映し出される原坊は、綺麗でかっこいい!この日は、赤い光ってスルスル滑らかな生地の真っ赤なスーツ。5分ほどの袖の縁は黒色、中の胸が少しあいたシャツも、首のネックレスも黒でコーディネイトされている。こんなにかっこ良い原坊を見たのは、と言うか感じたのは初めてだった。

 桑田さんの、MCが入る。「皆さん、寒い所ありがと~!え~、私も大台に入ります。60歳じゃなですよぉ。ずっと立っていてくれてありがとう。たまには、座って下さいね。お互い若くないのですから、無理をしないようにしましょう!スローライブ・スローライフ。え~、今日はこうゆうふうに喋ってばかりいて、曲は賞味30分で終わらそうかと思います。(笑)みんなが好きでーす!!エ~イ!昔みたいに、1・2・3・4!と勢い良く始めません。身体に悪いですからねぇ。スローライフ。雅に行きましょう。ひい・ふう・みい・よぉ!」
とまた、曲が続く。
 
 「神の島遥か国」「セイシェル」「愛と死の輪舞」「JUMP」「愛と欲望の日々」「別離」「ごめんよ僕が馬鹿だった」「リボンの騎士」
と、その曲にあった演出が施される。女性が踊るシルエットが出たり、南の島の映像が一面に映し出されたり、ピエロのパントマイムの子が踊ったりと、観客を飽きさせない。
 新曲などは、字幕が出たりしていた。桑田さんの詩は、聞き取りにくいとよく言われたけれども、日本語を英語のように響かせる、不思議が魅力がある。

 「You」「海」と名曲が続く。詩とメロディーが心に沁みてくる。
私はもしかしたら、潜在的なサザンのファンだっただけでなく、ヘビーファンではないかと思わせる、万民を魅了させるサウンドに包まれていた。
a0044166_231556.jpg

                                    (つづく)
[PR]
by madamkayo | 2005-12-05 23:09 | ライブ・レポート