Madam.Kayoのひとり言


by madamkayo
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

忘年会旅行・後編

 駆け足のような大宴会が終わり、皆それぞれ2次会の場所へ移動した。
若手の社員と大工さん達を中心とした血気盛んなグループは、お姉ちゃん達が沢山いる飲み屋さんへ。私達女性人は、そんな所に行ってもしようがないので、自分達の部屋で、持ち込んだワインと乾き物のおつまみを食べる事にしていた。

 でも、他の業者さん達と、社長を中心とする幹部達が行く、ホテル内のカラオケ場に、女性人もちょっとだけ顔を出してほしいと言う業務命令が出てしまった。ちょっとだけと言うのが、いつもくせ者かもしれない。

 宴会場から浴衣のままカラオケ場に行くとそこだけ外のお店に行ったような別世界であった。
業者会の幹事さん達でもあるアルミ屋さんと電気屋さんもいらっしゃった。今回は、全体を見ていなければならないので、外にはさすがに行くのを控えられたようだ。この方々は専務から聞く所によると夜の帝王の異名を持つ方々で、私より少し年上でらっしゃるけれども、昔、いい男だったのではないかと言うなごりが見られる。それを言うと、「君は何か誤解をしている。僕は真面目だよ。」と言うので「確かな情報です」とお返事させていただいた。

 その滅多に、私達おばちゃん事務員と遊んで下さらない夜の帝王達に囲まれて、ちょっとのつもりが、気がつけば夜の11時過ぎになっていた。部屋に帰ろうと思ったけれども、アルミ屋さんが、どうしてもルクプルの『陽だまりの歌』を一緒に歌いたいとおっしゃった。どうにも、クールなそのお顔立ちと超低音のお声にはふつりあいの選曲ではないか・・?どう見ても「東京ナイトクラブ」だ!でも、思わぬ楽しい時を過ごせられた。

 ひとしきり歌い、部屋に戻り、私達女性人はまたお風呂に入る事にした。今度は、ゆっくりと時間を気にせず入れる。先程、一緒に入った時は、少し恥ずかしいのもあり、肌を隠しぎみであったけれども、2回目になるとお互い堂々としたものになってきた。
 同じ女性同士、大きさ色など少しの違いこそあれ、付いている個数など同じなのであるからにして、恥ずかしがってもしょうがない。それに皆、生娘でなく子供を産んだ母親でもある。
 
a0044166_0304672.jpg

  今度は、上層階の露天風呂に行ってみた。他のお客様がいないので、私達4人のおばちゃん達の貸切状態となっていた。社長の奥様と、会社のパートのおば様、それから唯一関係会社の女性出席者の若手女性と、そして私だけで、露天風呂を満喫した。

 外には、夜の静かな海が広がり、空には星が散りばめられていた。いつも仕事バリバリのキャリアウーマンのその関係会社の30代の女性が私に向かって「○○さん!空を見て下さいよ。星が広がっていますよ。」と叫んだ。いつものキャリアウーマンの顔から、お互いスッピンになってプライベートの顔で夜空を見上げるとオリオン座が見えた。なんて贅沢であろう・・・ママだけがこんな贅沢を味わっていいのかしら・・と家に残して来た家族の事を思い出した。

 そんな時だった。いつもにこやかで、支店のオアシスと呼ばれているパートのおば様が何だか怒っている。どうも、夕飯の仕度をちゃんとして来たのに、先程ご主人様から「なんで柿をむいていないんだ?」と携帯に連絡があったらしい。「こんな事くらいで!」と、その白いもち肌からと、頭から、湯気が怒りと共に噴出していた。
 「でも、ちゃんと作ってくるのだから、偉いわよ。今、コンビニ弁当で済ませる奥さんも多いのに。愛情があるのよ」「そうよ、それに旦那さんも寂しいのよ」と、他の三人も湯船に入ったり、のぼせそうになるのでまた出ては囲いの所に腰掛けてみたりを繰り返し、湯気をお互い放ちながら、少しピンク色になった頬で、結婚とは・・愛情とは・・と言う課題で話し合った。
 太きも細きも、星明りにほのかに照らされて、その白き肌は、いずれも同姓から見ても綺麗であった。


 部屋に戻って、夜中の12時過ぎになっていた。先程からの「柿事件?」でまだ怒りが収まらないのか、おば様に「せっかく持って来たのだから」とワインをすすめられた。でも、どうにもこうにも、身体がもうお酒を受け付けなかった。

 だれよりも先に布団に入ったのに寝られない・・・私は、お酒を飲むと頭痛がして、動悸が早くなる。ドキドキ・・そのうち、皆女性達は寝息を、中には豪快に立てて寝始めていた。気がつけば夜中の2時半過ぎだった。「何かを飲まなくては・・お茶が暗くてどこにあるかわからない。隣の社長の奥様を起こしてしまう。。。そうだ、朝、飲もうと思って持って来たヤクルトがあった」と鞄をガサガサ、ヤクルトを夜中にチューチューと吸って、やっと安心したのか眠りに付いた。

 朝は、ホテルのバイキングの朝食。どうして、こう言う所に来ると、朝食が美味しいのでしょうね。ご飯に味噌汁・納豆・鯵の干物・大根おろし・煮物におひたし・・と沢山とってしまった。

 a0044166_0365986.jpg帰りは、朝の散歩がてらに、そばにある『誕生寺』にお参りに立ち寄った。


 




 





 a0044166_0373048.jpgおみくじをひくと「吉・仕事など頑張れば成果が見られる。失せ物出でず。
待ち人来たり」やっぱり、あの無くしたレシートは見つからないかぁ・・・えっ?誰が来るの?

 お土産は、これよね~。大好きな『鯛せんべい』となぜか好物の『うにくらげ』も買ってきちゃいました。
a0044166_0383023.jpg

 お疲れ様でした~~!!!
[PR]
by madamkayo | 2005-12-03 00:35 | 日記